赤ちゃん幼児子育て.com

子どもの熱性痙攣!対処法は?

Sponsored Link

高熱を出した子どもが、突然けいれんしたり、
体を固くしたりする事があります。
これは、熱性痙攣と呼ばれています。

google Sponsored Link1




子育て中のママなら、もしかしたら一度は
耳にしたことがあるかもしれません。
私も、聞いた事はありました。



ただ、我が子がいざ、熱性痙攣を起こすと、
「死んでしまうんじゃないか」と思うほど、
不安になります。


何せ、今まで見た事のない我が子の姿を
目の当たりにするんです。


対処法を間違えると、
子どもを危険にさらしてしまうこともあるので、
注意が必要です。


そこで、今回は熱性痙攣を起こした子どもへの
対処法についてお伝えします。





【熱性痙攣の特徴】



熱性痙攣は0歳から6歳の幼児に多く、
熱が上昇する際に多く発生します。


約10人に1人の割合で、子どもの熱性痙攣はおこります。
原因ははっきりとわかっていませんが、
脳の発達と関係があるといわれています。


特徴としては、


・高熱が上昇する際に起こりやすい

・体が硬直したり、痙攣する

・意識障害

・チアノーゼや呼吸障害

・数分続く事が多い


などです。


また、遺伝しやすいので、両親や兄弟に
熱性痙攣の既往がある場合は、注意しましょう。




google Sponsored Link2



【熱性痙攣が起こった時の対処法】



実際に、子どもが熱性けいれんを起こした場合、
とてもびっくりしますが、ほとんどの場合は
危険な状態とはならないので、落ち着いて対応しましょう。



初めての痙攣では、つい慌ててしまいますが、
大声で子どもの名前を呼んだり、揺さぶったり、
押さえつけるのはやめましょう。



子どもがけがをしないように、安全な場所で楽な姿勢に
してあげましょう。


衣服はゆるめて、顔はできれば横向きにします。
もしも、嘔吐している場合、口などを拭いてあげましょう。


口の中に、割り箸などを入れるのは危険なのでやめましょう。
かえって、口の中をけがしてしまう事があります。


痙攣が始まったら、時間をはかり、10分以上経過したら、
速やかに病院へ向かうか、救急車を呼びましょう。


念のため、熱を測り、万が一熱がないのに痙攣をおこしている
場合は、至急受診が必要です。


痙攣中は、発作の時間と痙攣の様子を注意深く観察し、
できれば記録しておきましょう。
痙攣が左右非対称だった場合も、至急受診しましょう。





【さいごに】



私は、初めて我が子が痙攣を起こした際は、
焦ってすぐに救急車を呼んでしまいました。


しかし、救急車が着く頃には、子どもの状態が
かなり改善し始めていて、
「しっかり知識があれば、こんなに焦る事はなかったな…」
と思った経験があります。



初めてのことには、ついつい焦ってしまいますが、
少しでも予備知識があれば、落ち着いて対応できます。



今回は、子どもの熱性痙攣への対処法をご紹介しました。
少しでも、頭の片隅に入れておいて、
いざという時は、落ち着いて対応できるといいですね。



omomkより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link