赤ちゃん幼児子育て.com

子どもの気管支炎!何科に行ったら良い?

Sponsored Link

乳児期のうちは子どもってよく熱を出したり
風邪をひきますよね。

google Sponsored Link1


大きくなるにつれ頻度は下がるものの
風邪から咳や鼻水が長引いてしまったりしますよね。



特に咳が止まらなくて、どんどんひどくなったりすると
心配になりますよね。そんな経験をしているママさんも
少なくないのではないでしょうか?



風邪などをこじらせてしまうことで起こる
気管支炎。
熱はないけど咳がひどい時など、どこの科に行けばいいのかな?
と悩むママさんもいると思います。



*受診はどこにいけばいいの?*

咳が出てるってことは喉だから耳鼻科?
熱があるし・・・内科?
と悩みどころですよね。



子どもの場合は、「かかりつけの小児科」の受診をおすすめします。
喉の炎症なら耳鼻科のほうが良さそうですが、胸の音までは
聞いてもらえませんよね?
どんな病気にかかっているのか、どういう状況なのかを見てもらうには
まずは小児科を受けたほうが良いと思います。



私は耳鼻科と小児科を使い分けるようにしています。
長男が川崎病にかかってからは、熱を伴う風邪の時は
まず小児科で見てもらうようにしています。



病名や症状を小児科で見てもらい、
処置は耳鼻科に行ってしてもらっています。
鼻水や喉の処置は耳鼻科のほうが治りも早かったりします。




*気管支炎ってなぜなるの?*

気管支という喉から肺にかけてのびる気管が
左右へ枝別れした部分をいいます。
この気管支にウィルスや細菌によって
炎症を起こしてしまう状態を差します。



そしてこの気管支炎は大きく分けて2種類あります。
それぞれの特徴をご紹介しましょう。




急性気管支炎

急性気管支炎は、ほとんどがウィルスによるものです。
ウィルスが上気道(鼻から喉にかける部分)へ感染すると、
気管支の方へと感染が広がっていき、気管支炎を引き起こします。



気管支炎は長期間に及ぶものではなく、
子どもから成人までが感染する呼吸器感染症のひとつです。



慢性気管支炎

気管や気管支が慢性的に炎症を起こしている状態をいいます。
咳や痰の症状が長く続くのが特徴です。
1年のうち3か月以上痰を伴う咳があり、
この状態が2年以上続いている状態を指します。



google Sponsored Link2


*急性気管支炎の症状は?*

子どもの症状で多いのはこちらの急性気管支炎になると思います。
簡単に症状について知っておきましょう。



先程お話ししたとおり、気管支がウイルスや細菌に感染することで
起こります。
その為、熱を伴うことも多いです。



症状が緩和し熱が落ち着いてきても、
気管支の炎症はすぐには治まらないため、咳の症状は残ります。
長いと数週間続く場合もあり、ひどい場合は肺炎を引き起こしたり
乳幼児の場合は呼吸困難を起こす場合もあるため注意が必要です。



再度発熱したり長期にわたって熱が続く、
症状がどんどん悪化する場合はすぐに受診するようにしましょう。
小さい乳児の場合は気管支が細いため、悪化しやすく
ゼーゼーという呼吸音を伴う喘鳴が生じることがあります。



RSウィルス感染症


2歳までにほぼ100%の人がかかると言われている病気ですが
最近になってよく名前をきくようになりました。
このウィルスは咳の風邪ともいわれて、気管支炎を引き起こしやすいことで
有名です。



*さいごに*

私の場合は総合病院の小児科に行っていますが
近所にあるお医者さんで構わないと思います。
小さい頃から見てもらっている信頼できる病院を見つけておくことが
大切です。



それでも症状が良くならないなどの場合は
大きい総合病院に行くのも良いと思います。
呼吸器科のある所ならばなお良いかもしれません。



まずは何によってひどい咳が出ているのかを
知るためにも小児科に受診するのをオススメします。
かかっている病気によって処置も変わってきますよね。

「504u4ママ」より

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link