赤ちゃん幼児子育て.com

子どもが嫌がらない歯磨きの方法とは?

Sponsored Link

子どもって、歯磨き嫌がりますよね。
でも、食後はしっかり磨かないと
虫歯になったらもっと大変!

google Sponsored Link1

でも、ギャンギャン泣いて
口も開けてくれない…

そんなお悩みを一緒に解決
していきましょう!

離乳食開始時期から習慣づける


離乳食が開始される6ヶ月頃から
歯が生え始めると思います。



まだ歯もなかったり、生えてきても
下の歯2本だけ、ぐらいの時期ですが
この時期から下地を作っていくのが
重要です。



自分で持っても危なくない
歯磨き練習用のカミカミできる
物がドラッグストアや赤ちゃん本舗
などに売っています。



まず、食事のあとに口の中に
歯ブラシを入れる、ということに
抵抗をなくす準備段階となります。



その練習用も嫌がったら、ガーゼで
拭きとるのでもOKです!



抵抗のないように、習慣づけてあげる
ことがポイントですね!

楽しみながら歯ブラシするには


もう少し大きくなってから嫌がったり
抵抗されると、ママも「もういい…」と
心折れそうになったりイライラしたり
しますよね。


楽しみながらできる方法を私の実践した
中からご紹介します。


1.ハミガキできるかな?の撮影


NHKのおかあさんといっしょで
「ハミガキできるかな?」の
コーナーがありますよね。


お友達もやってるよ~と
言っても、うちの子は効果なしでした。


そこで、「今日は○○君の番で
撮影しま~す」といって
動画を撮りました!


え~?なんていいながら
ゴシゴシ。

撮った動画をハミガキできるかなの
音楽に合わせて編集して
見せたら、もうその気です(笑)



ちゃんと「おかあさ~ん」って
呼んで、口を開けてくれました!



google Sponsored Link2


2.お母さんの歯を磨かせる


お母さんの歯磨きを持たせて
「汚れがついてるから磨いて?」と
お願いすると、得意げな顔をして
磨いてくれました。


終わったところで、今度は
○○君の歯にも汚れがついてる!と
交代で磨くようにしていました。



3.自分の好きな歯磨きを選ばせて買う


今はキャラクター歯磨きも豊富ですから
好きなキャラクター歯磨きもあると
思います。


お母さんが買ってきたアンパンマン
歯ブラシと、自分で選んで自分で
開けたアンパンマン歯ブラシでは
価値が違うんです!


一緒にお買いものに行ってみてくださいね!



4.力を入れないで!


歯磨きしてあげているときに
自分の爪を見てみてください。

力が入りすぎて爪の色が
変わっていませんか?

痛くて嫌がっている可能性が
あります!

軽く持ってブラッシングを
心がけてください!


さいごに…


いかがでしたか?


・生後6ヶ月ぐらいから習慣づける

・親も楽しみながら歯磨きする

・力をいれすぎない。


以上の点に注目してみてください!

楽しい歯磨きタイムにしましょうね!

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link