赤ちゃん幼児子育て.com

子どもが嫌がらない歯磨きの方法はあるの?

Sponsored Link

生後6カ月くらいになって、
赤ちゃんの口の下側に可愛い前歯が生えはじめると、
親御さんのお仕事がまたひとつ増えます。

google Sponsored Link1


そう、歯磨きです。


「嫌がるのを無理やり磨くので大変だった」という苦労話や、
「赤ちゃんのころからもっときちんと磨いてやればよかった」
という反省を聞くと、「はじめての歯磨き」は、
お子さんにとっても親御さんにとっても大変であることがわかります。
何かいい方法はないでしょうか?


口に触られることに慣れる


赤ちゃんの小さな口に歯ブラシを入れるのは抵抗がありますよね。
最初は水で濡らしたガーゼを使い、
唇と歯のあいだにたまったミルクを拭きとることからはじめましょう。


口や口のまわりは敏感なところなので、
触られることにお子さんが慣れるのが第一です。


google Sponsored Link2


歯医者さんも味方に


歯医者さんは虫歯を治すところですが、
最近は「いかにして虫歯を予防するか」を提唱している医院が多く、
小児歯科といって、子どもの歯の健康を専門にしているところもあります。


インターネットで探したりご近所の評判を聞いたりして、
かかりつけの歯医者さんをみつけて、親御さんもいっしょに
子どもの歯磨きの指導を受けてみてください。


歯磨きのときのからだの姿勢、磨き方のコツなど、
有効な情報が得られますよ。


歯磨きを楽しくやるには?~工夫のあれこれ~

嫌がる子どもを無理やり押さえつけて口を開けさせて・・・
これでは子どもはもちろん、親御さんもストレスになりますよね。


まずは親御さんが楽しく歯磨きしてみましょう。
子どもは大人の真似をしたがります。
ぼくもやってみる、わたしもいっしょに、となったらしめたもの。
お気に入りのタオルや歯ブラシを揃えておくのもいいですね。



さいごに

いかがでしたか?
虫歯の痛み、歯医者さんでの治療は大人でも辛いものです。
お子さんに味わってほしくありませんよね。


無理やりではなく、家族そろって楽しく磨く・・・
なんてテレビコマーシャルを思い出しますが、
ご飯をおいしく食べて健康に過ごすために歯が大切であること、
そのために歯みがきをしっかりすることを、
大人もいっしょに実践しましょう。


がんばってください!

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link