赤ちゃん幼児子育て.com

排卵後の妊活!運動はしても良い!?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

そろそろ赤ちゃんが欲しいという
思いから始める「妊活」。


そうなると、今まで何気なく行っていた
行動に疑問が湧いてくるものです。


その中のひとつに、排卵後の過ごし方があります。
食事や薬、生活習慣などなど。


今回はその中でも運動について
お話してみたいと思います。


Sponsored Link1

・排卵日後の運動


SNSや掲示板など、
ネット上でよく目にする質問に
「排卵日後に運動していいの?」
というものがあります。


平均的な生理周期の場合、
生理開始日から2週間後に排卵日を迎え、
それから約1週間で着床します。


激しい運動をすることで
その着床が妨げられるのではないか
という不安からのようです。


多くの場合、普段通りの生活を送っていて
問題ないとの意見でした。


しかし、過去に流産の経験があったり
体質的に妊娠しにくいなど事情がある場合、
意識的に運動を控えているケースもあるようです。


また、

ジョギングやヨガ・ストレッチといった軽い運動はOK。
腹筋など下腹部(子宮)により負荷がかかるであろう運動はNG。


というように運動の種類によって分けているケースもあるようです。





・私の妊活時代の過ごし方


私には4人の子がいます。
正直、4人目は予定外だったのですが、
3人目までは「妊活」を行った上での計画妊娠でした。


特に第一子を授かる前は、
ホルモン数値に問題があるとされ、
内服の上タイミングを合わせるという治療を行っていました。


医師からは特に運動を止められはしませんでしたが、
意識的に無理はしないように、
特に腹部への負担は避けるようにしていました。


第2子以降は安静にしようにも、
上の子の抱っこやおんぶは避けられない状況でした。
お腹に乗られることもあったと思います。


どんなに安静にしていても妊娠しない時はしませんでしたし、
逆に、普段通りの生活でも妊娠に至るときは至りました。


気を付け過ぎるあまり、その気持ちがストレスとなり、
妊娠を妨げていたという事もあったのかもしれないと
今になっては思います。



Sponsored Link2

・さいごに


いかがでしたでしょうか。


薬やレントゲンなど、注意したほうが良いとされるものもありますが、
運動など日常生活については過度に身構えてしまうことなく、
心穏やかに過ごせることが一番ではないでしょうか。


タイミング指導などで通院している場合は、
主治医の先生に質問しているとよいでしょう。


不安を抱えたまま、高温期を過ごすよりも、
身体にかかる精神的な負担を軽減できるはずですよ。



4児のママより


Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP