赤ちゃん幼児子育て.com

妊娠中のストレス!発散方法は?

Sponsored Link

あれもだめ。これもだめ・・。
妊娠中は食べ物から行動まで、色々制限しなければならない
ことが多すぎて、意外とストレスがたまりませんか?

google Sponsored Link1


普段だったらストレス解消に〝やけ食い”なんて
いうのもできますが、ただでさえ太りやすい
妊娠中はできれば避けたいですよね。



そこで今回は私のおすすめの
妊娠中のストレス発散方法について
お話したいと思います。



【体を動かす】


お医者さんから運動を制限されていないならば
適度に体を動かすことをおすすめします。


体を動かすことはストレス解消に
効果があると言われています。


最近はマタニティヨガやマタニティスイミングなど
病院や市町村で教室をやっているところも
多いですよね。


そういうのを利用するのも良いと思いますが
私の一番のおすすめはやはり〝お散歩”です。


お散歩なら今すぐ始められますし、
自分の体調に合わせてできますよね。


お散歩をしながら太陽の光や、空気、自然の
景色、色々なものに目を向けてみて
ください。


普段忙しくしていたときには目に入らなかった
ものがたくさん見えるようになり、同時に
自分の心も癒されていくと思います。


妊娠中でこれもできない、あれもできない、
ということばかりに目を向けないで、
妊娠中の今だからこそ感じ取れるものを
いっぱい感じましょう。


それによってストレスはだいぶ
減るはずですよ。




google Sponsored Link2


【涙を流す】


感動的な映画やドラマを観て、
思いっきり泣いたあとは、何だか心が
スッキリしている感じがしませんか?


実は涙を流すとストレスの要因となって
いる物質も外へ排出され、ストレスが
発散されるそうです。



実際私も泣くことでかなりストレスを
発散しています。



涙を流すきっかけは、たいてい映画やドラマ
ドキュメンタリーを観たときなのですが、
私は決まってそのときにすることがあります。



それは、日頃思っている悲しい事、嫌な事、
不安な事など全部このときに思い浮かべて、
一緒に泣いてしまうことです。


そうすると知らず知らずのうちに心の奥に
たまったモヤモヤが、涙と一緒に自分の中から
出ていってくれるのです。


大人は子供と違ってよっぽどの事がない限り、
泣きませんよね。
泣きたいことがあっても上手く泣けないから
どんどんストレスがたまっていくのです。


だからこそ〝泣くときは思いっきり泣く!!”
これこそがストレス発散につながるのです。





【最後に】


妊娠中は確かにストレスを感じることも
多いでしょう。


ホルモンバランスの変化によって
情緒も不安定にもなると思います。


しかし、赤ちゃんがお腹にいる幸せなこの
期間、ストレスやイライラに振り回されて
いては勿体ないですよ。


お腹の赤ちゃんのためにも上手くストレスを
発散して、マタニティライフを楽しみましょうね!!



しろぷーちゃんより

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link