赤ちゃん幼児子育て.com

夜泣き対策で絵本は効果がある?

Sponsored Link

子育て中、慌ただしい一日が終わり、
疲れて布団に入り熟睡していると、
いきなり子供が泣き出して、さあ大変!

google Sponsored Link1



こんな経験をされているママが、沢山いらっしゃることと思います。
どうしてなの?ストレスがたまっているのかしら?
などと心配しますよね。


この記事では、絵本が夜泣き対策に効果をもたらしてくれるのか?
ということを、私(27歳と24歳の息子が二人。)の子育て中の時、
私の仕事(現在ベビーシッターの仕事に従事、過去に幼稚園教諭の経験あり)
の実体験をもとにお話しさせていただきます。





【絵本は優れた安定剤!絵本で夜泣きは軽減できる!】




『絵本の読みきかせ』という言葉をよく耳にしますね。
またその効果は、子供に情緒の安定をもたらし、想像力や国語力もつく。



その他にも、いろいろなメリットをプラスしてくれるものです。
児童文学という学問があるぐらい、
子供の心にのこる素晴らしい絵本が、沢山あります。



そんな素晴らしい絵本を、毎日一冊ずつでも、
眠る前に読みきかせてみてはどうでしょうか?



購入しなくても、図書館で沢山貸し出してくれます!
「絵本を一冊読んだら眠ろうね。」
などと習慣づけるのも良いとおもいます。



google Sponsored Link2





【絵本をゆっくり優しく読んであげる!】





絵本を読む時は、ゆっくりと優しい口調で読んであげてくださいね。
ママの声を聴くこともプラスされて、子供の気持ちは安定してきます。



一冊読み終わり、子供が望むなら、もう一度読んであげましょう!
多くの子供は、絵本を繰り返し読んでもらうことが好きです。


その時は、一回目よりもっとゆっくり読んであげて、
声のトーンも、さらに小さくしてみてください。



子供の気持ちがより安定し、気持ちよく入眠できるようになります。
絵本を読んで、子供の気持ちを安定させることは、
夜泣きを軽減できる大きな要素になると思います。



私の子育て中も、子供たちの就寝前には必ず、
絵本の読みきかせを習慣にしていました。



また現在の仕事のシッティング中、子供のお昼寝の前には必ず、
絵本の読みきかせをしています。



絵本を読むことによって、
子供の気持ちが、安定してから入眠していますので、
熟睡しています。
目を覚ましてからの機嫌も、すこぶる良いです。





【まとめ】





いかがでしたでしょうか?
今回は、夜泣き対策で絵本は効果がある?ということについて
お伝えいたしました。




私は、効果はおおいにある!と思っています。
一番効果がある!と申し上げても過言ではないようにおもいます。



子育て中は、思っているよりあっと言う間に過ぎていきます。
子供の心に残る絵本を、沢山読んであげてくださいね!



多くの子供たちが、日々の暮らしを楽しく、健康的に過ごせますよう、
心からお祈りいたします。


(ベビーシッター聖子) より

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link