赤ちゃん幼児子育て.com

初節句の雛人形の意味は?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

3月3日はひな祭り。ひな祭りと言えば、
まず思い浮かぶのは雛人形ですよね。


わたしの実家でも赤ちゃんの頃から
毎年雛人形を飾ってくれていました。


そして小さい頃はそれを見るのが
とても楽しみでした。


この雛人形にはそもそもどんな意味が
あるのでしょうか?


今回は初節句の雛人形の意味について
お話したいと思います。



Sponsored Link1

【初節句とは?】


3月3日のひな祭りは、その季節から
桃の節句とも呼ばれます。


初節句とは、産まれてから初めて迎える
節句のことを言います。


女の子の場合は、桃の節句が初節句、
男の子の場合は、5月5日の端午の節句
が初節句となります。




【初節句に雛人形を飾る意味は?】


初節句に雛人形を飾るのには、
産まれた女の子の赤ちゃんが健やかに
育つようにという願いが込められています。


平安時代は出産のときの死亡率が高かったので
命を持っていかれないようにと、身代わりになる
人形を枕元に置くという風習があったそうです。


そこから雛人形も、その子の身に降りかかる
災い、つまり厄を背負ってくれると
言われているのです。


つまり雛人形が身代わりになってくれる
おかげで、その子は健やかに成長できる
というわけですね。



雛人形を持っているママは、自分の雛人形を
そのまま娘に譲りたいと思うかもしれませんが
それは良くないと言われています。


自分の持っていた雛人形は自分の厄を
背負ってくれたもので、娘の厄を背負って
くれるものではないからです。


我が子には我が子の雛人形を
用意してあげないとですね。






【雛人形は情操教育に良い】


また昔から雛人形を一緒に飾ることは
その子の情操教育に良いと言われて
います。


家族からの愛情を感じることによって
優しい心を育てられます。


また美しいものを眺めることで
美的感性も養われ、物を大切に扱う
心や作法も身に付きます。


そうして素晴らしい女性に成長して欲しい
という願いも込められているのです。




Sponsored Link2

【最後に】


実は私は娘の初節句に
雛人形は用意しませんでした。


実家に私の雛人形があって母がそれを
娘のために飾ってくれたので、実家に
行ったときにそれを見せれば十分かなと
思ってしまったのです。


でも雛人形に厄を背負ってくれるという
意味があることを知り、今さらですが
初節句からきちんと用意すれば良かった
と思いました。


娘の健やかな成長を願うのは親なら
当然の気持ちですし、またそういう
日本の風習もきちんと娘に伝えたいと
思うようになりました。


雛人形は場所もとるし、ちょっと・・・と
思う方は、小さなお人形とかでも
全然いいと思います。


やはりお祝いをしてあげるということが
一番大切なんですよね!


しろぷーちゃんより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP