赤ちゃん幼児子育て.com

男の子の初節句!服装はどうする?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

5月5日はこどもの日であり
端午の節句の日でもあります。


男の子の赤ちゃんが初めて迎える
5月5日は〝初節句”と呼ばれます。


うちの0歳の息子も今年初めて初節句を
迎えます。


そこで気になるのが服装のこと。


初節句はどんな格好をさせればいいの?
みんなはどんな格好をさせているの?


今回は男の子の初節句のときの服装に
ついてお話したいと思います。



Sponsored Link1

【男の子の初節句、何を着せる?】

初節句には両親のほか、祖父母を招待して
お祝いすることが多いようです。


せっかくお祝いをするなら、赤ちゃんには
やっぱり普段着より、それなりの格好を
させてあげたいですよね。


では何を着せたら良いのでしょうか?


実は初節句で赤ちゃんが着る衣装は
特に決まりはないそうです。


最近では袴風ロンパースなどが
人気があるようです。


ロンパースなのでオムツ替えも楽に
出来ますし、何より赤ちゃんが動き
やすいです。


インターネットで3,000円以内で買える
ものもあります。


1回きりと思うと、値段が高いと躊躇して
しまいますが、これならお手頃価格なので
手も出やすいと思います。



また初節句に金太郎や桃太郎などの衣装を
着せるおうちも多いようですね。



赤ちゃんはぷくぷくしていて可愛らしいですから
こういう衣装を着ると本当に可愛いんですよね。
手作りで作る器用なママも多いようです。





【初節句の記念写真】

初節句のときの記念写真をせっかくなら写真館で
撮りたいと思っているおうちも多いでしょう。


写真館でなら、衣装も和装から桃太郎や金太郎までと
何着も無料で着替えができるところも多いです。


せっかくなら色々な格好をさせて、可愛い我が子の
写真をたくさん残したいですよね。


そして写真館では、兜飾りやこいのぼりといった小道具
を使って、さらに素敵な写真に仕上げてくれます。


なかなか家では撮れないような写真が出来るので
ぜひ検討してみるのも良いでしょう。





【うちの場合】

うちも今年の5月5日が初節句ですが、色々考えた結果
桃太郎か金太郎でいこうかなと考えています。


家には赤ちゃんが結婚式に出席するときに購入した、
シャツとベスト、蝶ネクタイのようなフォーマルウエアが
あるので、最初はそれでも良いかなと思ったのですが、
やはり初節句らしさを出すには物足りないかな・・と
思ったのです。


それに桃太郎や金太郎なんて赤ちゃんのうちしか
着てくれませんしね。
今のうちに!!って感じです。



Sponsored Link2

【最後に】

一生に一度しかない初節句。


服装も大切ですが、何より心から可愛い我が子の
成長を願ってお祝いしてあげたいですね。


みなさんの初節句が素敵なものになりますように・・。

                  

しろぷーちゃんより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP