赤ちゃん幼児子育て.com

男の子の初節句!何をする?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

赤ちゃんが産まれて、最初に訪れるお節句の日。
それが初節句ですね。


女の子は3月3日「桃の節句」、
男の子は5月5日「端午の節句」にお祝いをします。



初節句は、赤ちゃんのこれからの成長を願う
大事な行事なので、親としてもぜひきちんとした形で
お祝いしたいですよね。


我が家の息子は、3月産まれ。
本来なら2ヶ月後に初節句を迎えるのですが、
生後間もなかったので、翌年の5月に
初節句のお祝いをしました。


ここでは、男の子の初節句にどのようなことを行うか、
我が家の実例を基に、ご紹介したいと思います。



Sponsored Link1

[五月人形、鯉のぼりを飾る]


五月人形、鯉のぼりは、パパやママの両親から
贈られる場合が多いようです。


我が家は、兜を私の両親に、鯉のぼりをパパの両親に
贈ってもらいました。


飾り始める時期ですが、五月人形は春分の日を
過ぎたころから、鯉のぼりは4月上旬からというのが
一般的なようです。


私は、どちらも直前になって飾るものでは?と
思っていましたが、母から、
「それは一夜飾りと言って、縁起が悪いんだよ!」
と教えられました・・・。



[お祝いの席を設ける]


パパママの両親や兄弟、赤ちゃんの名づけに関わりのある方、
お世話になっている方などを呼んで、お祝いします。


地方によっては、近所の方などにも出席してもらい、
とても盛大に祝宴するところもあるそうです。


息子のときは、パパの両親が遠方で来られなかったので、
私の両親、家族で、会食しました。


祝い鯛と、お赤飯などをいただいたのですが、
息子もおいしそうにパクパク。


五月人形の前で写真を撮り、来年も同じように撮って
成長を見比べたいね~という話をしていました。





[柏餅、ちまきを贈る]


なぜ、端午の節句にはなぜ柏餅なのか、ご存知でしょうか?


柏餅の柏は、新しい芽が出るまで葉っぱが落ちないことから、
「家が絶えることなく繁栄していく」という意味があります。


また、「ちまきには難を避ける」という中国の故事があり、
ちまきが通例になったそうです。


我が家では、初節句のお祝いを頂戴した親戚と、
親しい近所の方、お友達に柏餅を贈りました。


柏餅は、端午の節句ならではですよね。
お配りした皆さんも、大変喜んでくださいました。


Sponsored Link2

[まとめ]


いかかでしたか?
初節句のお祝いは、色々なしきたりを持つ地方もあるようですが、
基本的には、特別な取り決めはありません。


スクスク成長して欲しい。
元気に、強い体になって欲しい。
先ず何より、そんな赤ちゃんの成長を願う気持ちが
大切なんだと思います。


みんなが赤ちゃんを囲んで、笑顔で過ごす。
そんな初節句を迎えたいですね。


dora80より




Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP