赤ちゃん幼児子育て.com

出産祝いのお返しの時期はいつ?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

生死にかかわる大仕事お疲れ様でした。
無事に赤ちゃんが生まれたことを身近な方々にご報告されていることと思います。


さて、そうこうしてるうちに、
「親戚の方々からお祝いの品々が大量に送られてきて、
留守番中の旦那さんがびっくりした。」
なんていう経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?


この記事では、出産のお祝いにいただいた品々をいつ頃お返しすればいいのか
についてお伝えしていけたらと思います。


Sponsored Link1

【生後一か月から二か月くらいまで】


世間一般的には、赤ちゃんが生まれて一か月後から二か月くらいまで
がベスト。この頃に出産祝いのお返し(つまり出産の内祝い)を送るのが
よいのだそうです。


これは、地域的な差があることと思いますが、赤ちゃんが生後一か月くらい
すると、お宮参りのためにお外に連れ出すことができるようになります。
その時期であれば、お子様と一緒に出かけて、お品物を送ることができる
から、といういわれがあるからだそうです。


しかし、もっと古くは、「お返し」という概念はなかったとのこと。
つまり、古くは、子どもが生まれたお祝いに、近所や友人の方に、
紹介する意味も込めて、お品物を配っていたとのこと。


つまり出産した家庭が、品物を渡すのを、先にするのが古来、
後にするのが、現代といった具合です。

だからこそ、一か月をすぎればできるだけ早く渡すのが通例
なんですね。


おそらく、古来の方は出産前にお品物を決めていたことと思います。
現代でも、生まれて一か月でお宮参りはできますが、赤ちゃんと一緒に
ましてや、お品物選びなんてとても時間のかかること・・・。
出産前に選んでおかれるとよろしいかと思います。




【お品物を頂いて既に生後一か月過ぎてましたというあなたへ】


「出産後なんて、赤ちゃんにつきっきりで、自分の時間さえ持てずにいるの。
他人様へのお品物選びなんてとんでもない。」
といわれる方もいらっしゃると思います。


私の場合、友人からいただいた時期が出産後しばらく経ってからでした。
3か月位は過ぎていたと思います。


ですので、上記のように生後一か月でお返しするなんてできてません。
でもできるだけ早い時期、そうですね、頂いて大体一か月以内でしょうか。
その位の時期に、お返しを送りました。
頂いてそのままにしておくというのは何となくいい気がしないものです。

Sponsored Link2

【さいごに】

いかがでしたでしょうか。
今回は、出産祝いのお返しの時期について、私の経験を交えて
お伝えしてまいりました。


お返しの時期の注意点は

1.産後すぐにいただいた時は生後一か月?二か月位までに
2.産後一か月を超えていただいた時は、一か月以内までに


出産の内祝いの本来のしきたりがわかれば、その状況に応じて
臨機応変に対応できることと思います。
送る時期も大切ですが、感謝の気持ちがあれば十分ではないでしょうか。

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP