赤ちゃん幼児子育て.com

保育園のママ友は必要?私の場合!

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

子どもができると、まずは慣れない育児になれることが、
最初の課題になってきますよね。




ようやく育児にもなれ、家族のペースが出来てきた。
その頃には、社会復帰を果たすママも多いのでは?
 

今回は、働くママにとって大事な役割を果たす、
そんな保育園でのお話です。





Sponsored Link1

☆保育園に預けるようになって気になるのは・・・。




保育園の先生方とは、毎日連絡を取り合うので、お互いに
馴染むまで、そう時間はかからないでしょう。


それよりも気になるのは、いわゆる【ママ友】という
存在なのではないでしょうか?



毎日の送迎時や、保護者参加型の行事のときなど。
気になるタイミングって、意外と多いんですよね。


親しげに輪になって話している、そんなママ達の姿を
見ると、ママ友のいない自分が不安になるものですよね。



でも、毎日バタバタしていて、仲良くなるタイミングが
どこにあるのか分からない、なんて思いませんか?


私も、よくそう思っていました。









☆実際、ママ友って必要なの?





実際には、必ずしも必要な存在ではないと思います。
私は、息子を保育園に預けて5年目になりますが、
一緒にランチをしたり、お互いの家に遊びに行ったり。
そんな親密な関係になっているママはいません^^;



もちろん、仲良しのママ友がいると、何か困ったことが
あった時など、助け合えるのは魅力だと思います。



しかし、その分トラブルになる可能性もありますよね。
適度な距離感が、何よりも大事なのでは?と思います。


私自身も、前述の通り、ママ友と呼べるような存在は
いませんが、会えば挨拶をして、子ども達を待つ間に
世間話をするようなママさんは数名います。



それでも適度な交流が出来ますし、顔馴染みになれます。


【ママ友】という言葉に捉われすぎ、毎日通う場所が
ストレスになるようでは意味がありませんから、
ごく普通の、常識的な付き合いをしていれば大丈夫ですよ。




Sponsored Link2

☆最後に



慣れない保育園生活の中で、誰もが気になるママ友。
しかし、重要なのは顔馴染みになる、ということ
なのではないかと思います。



【友達】とはいえ、学生時代と同じような付き合いを
考える必要もなく、親しい存在を作らなければ!と
気負うことなく、毎日笑顔で元気に挨拶をして、
気軽に世間話をして・・・。


それだけで良いんですよ^^
保育園の主役はママではなく、子ども達ですから。
子ども達が快適に園生活を送れるようにすることが、
私達、ママの仕事ではないでしょうか?



私が、今までの保育園生活と通して感じたことは、
子ども達が円滑に人間関係を築く為のサポートとして、
何かあった時には、お互いに声をかけることができる。
それで十分なのではないかと思います。



親子共に、笑顔で通える毎日になると良いですね^^



「あかほしより」


Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP