赤ちゃん幼児子育て.com

保育園のママ友との上手な付き合い方!

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

子供が入園するにあたって避けて通れないのがママ友。
大人になってから友達を作るのって、結構勇気がいるんですよね。


保育園は当園・退園の時間は各家庭によって様々です。
ですから他のママに会わない日もあります。


朝は子供の1日の支度をして、
先生に昨日と今朝の様子を話して、すぐに出勤。


帰りも買い物や食事の準備があるので、
そんなに長居することもありません。


なので、保育園のママ友に会うのは、
保育園の行事がある時がほとんどです。


ほとんど会わないけれど、やっぱり気になるママ友。
上手く付き合うために実践していることを書いてみます。



Sponsored Link1

【挨拶をしよう!】

これは基本中の基本なのですが、
挨拶は、大きな声で元気よくしましょう。


時々ママの中でも挨拶をしない人がいます。
大人になると会釈で済ませることも増えますが、
基本はやはり元気に挨拶!


そうすれば印象もよくなりますし、
お子さんにも「○○ちゃんのママ!!」
と覚えてもらえるんですよ!


また、挨拶をきっかけに、
会話も広がっていくこともあるのです。


実際、ムスっとしているママさんは、
ちょっと話しかけづらいですよね。


少しだけでもいいので、挨拶をする余裕を持ちましょう。




【子供の名前を覚えよう】

いくら時間が合わないからと言っても、
他のお子さんの名前はきちんと覚えましょう。


名前をきちんと覚えてもらえるということは、
とても嬉しいことです。


たまに顔を合わせたママが、
我が子が一番、仲良くしているお子さんのママ、
なんてこともあります。


普段我が子が誰と仲良くしているのか、
一緒にどんな遊びをしているのか、
先生や我が子にさりげなくリサーチ。


共通のお子さんの話で、
我が子との会話も弾みますよ。



【保育園の行事は大事!!】

運動会や参観日など、保護者が参加する日があります。
そこは、ママ友を作るチャンス!

たまにしか合わないママ友だからこそ、
会った時にはたくさん交流しましょう。
子供の話でも、普段の話でも、
たくさん話をしましょう。


上手く付き合うには、
相手のことを知らないと始まりません。


知らなかったママ友の一面が見えてくるし、
そこで一生付き合えるママ友も
現れるかもしれませんよ。


そこで気が合えばさらに仲良く、
残念ながら合わなければ、
つかず離れずで過ごせばいいのです。
なんせあまり会わない関係なのですから。



Sponsored Link2

【最後に】

ママ友なんていらない!と思いつつも、
仕事と育児と家事を両立させるには、
同じ境遇の友達も必要ですよね。


しかしママ友だからといって、
特別なことをしなくてもいいのです。


普段通りの自分でいて、時々ちょっと勇気を出すだけ。


挨拶・笑顔を忘れずに、
素敵なママ友、できるといいですね!!

inekoより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP