赤ちゃん幼児子育て.com

保育園のママ友との付き合い方!私の場合!

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

子供を育てるにあたって、
切っても切れないのが“ママ友”


仲良くなると力強い存在でもありますが、
若干面倒だなぁと感じる時も。


さて。
保育園のママ友って、どんな感じなんでしょうか?


この記事では、
保育園に通う5歳児のママである私の、
ママ友との付き合い方をお知らせしますね!


Sponsored Link1

【一番大事なことは挨拶】

ママ友と、角を立てずに仲良くするコツ・・・
一番大事だと思ったことは、、
会ったら笑顔で挨拶をすることです。


挨拶は人間関係の基本。


笑顔で挨拶をされて、嫌な気分になるママ友はいませんよね。
挨拶はとても気持ちの良いものです。


時々仏頂面で、挨拶をしないママさんもいるのですが、
やっぱりそういう人は近づきたくないなぁと思ってしまいます。


笑顔で挨拶していれば、
話してみたいなぁと思うようになり、
話すことでお互いのことを知るきっかけにもなり、
ママ友付き合いも円滑になりますよ。



【自分ばっかりにならずに】

保育園は、登園と退園の時間が、
各家庭によりちがうため、
他のママと会うことはあまりありません。


会ったとしても、朝は挨拶程度だし、
帰りも遅い時間だと、急いで帰ってしまうことが多いです。


我が子の通う保育園のママ友は、
土日もお仕事だったり、
おうちでゆっくり休みたいママ友が多いので、
最小限のお付き合いをしていました。


しかし最近は、お迎えの時間が同じママ友と、
保育園の近くの公園でちょっと話をしてから帰ることが増えました。


そのときは、自分のことだけ話さず、ママ友の話にも耳を傾けています。


時々自分の話ばかりする人もいますが、
他人の話に耳を傾けるということも、大事なことですよ!





【行事には参加しよう】


保育園では、年に何度か行事があります。


せっかくだからみんなで集まろう、
と声掛けをしてくれたママ友のおかげで、
行事の後にママ友でランチやお茶に行く
・・・などということもあります。


たまにしか接点のないママ友に会える、
数少ないチャンスなので、これらはしっかりと参加しています。


なので、子供のクラスのママさんとはすっかりお友達になりました。


どのママにも共通しているのが、
ニコニコしているということでした。
笑顔のママには話しかけやすく、話もしやすいです。


話してみると、
同じことで悩んでいたり、実は近所に住んでいたり、
新しい発見があったので、
こういう行事には参加するべきだなぁと改めて思いました。


Sponsored Link2

【最後に】

同じ時期にママとなり、
同じ保育園に通っているということで、
仲良くなったママ友。

できればこれからも仲良くしていきたいですよね!


・笑顔で挨拶
・時には聞き役に
・行事には参加
この3つで、うまくママ友とお付き合いすることができますよ。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

inekoより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP