赤ちゃん幼児子育て.com

二人目がつわりがひどい!その性別は?私の経験!

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

私には二人の子供がいます。
二人とも割と早い時期からつわりに悩まされました。



どちらもひどいつわりだったのですが、
トータル的に見ると、二人目の方が辛かった気がします。


二人のつわりを比較して、経験談をお話したいと思います。



Sponsored Link1

【最初のつわり】



初めての妊娠、
初めてのつわりは辛いものでした。


主に吐きつわりだったのですが、
とにかく起きていられず、
布団とお手洗いの往復・・・の日々でした。


水も飲めなくなってしまうほどで、
点滴を受けに、病院に通ったほどでした。


しかし、辛いのは妊娠16週目あたりまでで、
その後は嘘のようにスッキリ楽になり、
出産まで楽しく過ごせるようになりました。


そんな一人目は、女の子でした。



【2人目のつわり・・・そして性別】



二人目は、一人目のつわりを
思い出し身構えていました。


ムカムカするけど、吐き戻す、
ということは数少なく、
(あれ・・・もしかしてつわり楽に終わっちゃう?)
と内心ニコニコしていました。


しかし・・・吐き気だけがつわりではなく、
ものすごい眠気に襲われる「眠りづわり」
唾液が多くなる「よだれつわり」
何か口に入れていないと気持ち悪い「食べつわり」


ありとあらゆるつわりも経験したのです。


そんなつわりを経験した赤ちゃん・・・
性別は男の子でした。




【二人目は辛い?】



二人目のつわりがひどいのは、
上の子のお世話もあるからかな?と思いました。


ひとりなら好きな時に眠り、好きな時に食べられるのですが、
上の子がいるとそうも行きませんよね・・・


4歳差での出産になったのですが、
4歳はまだ甘えたい真っ盛りで、
たくさんママと遊びたい時期ですよね。


パパやお互いのの両親がいるときは預けられますが、
誰もいないときは自分でなんとかしなければいけないので、
意識が朦朧となりながらも遊んだことがありました。


終わりは見えると思っていたつわりですが、
2人目はまったく終わりが見えなかったので、
余計ひどいなぁと感じました。



Sponsored Link2

【最後に】



つわり中と出産に関係があるかどうかは謎ですが、
スッキリ終わった女の子の出産は、
予定日超過で促進剤での出産。


ダラダラつわりを経験した男の子の出産は、
超がつくほど安産で、先生に驚かれました。


下の子は男の子特有の甘えん坊ですが、
割と手もかからず、つわり中の苦しみが嘘のようです。


育児はみんな大変ですが、つわりからトータルで見ると、
だいたいどちらとも同じくらい大変です。


みんな平等になるように、赤ちゃんが調節しているのかな?
なんて思ってしまいます。


上の子のお世話をしながらのつわりは本当に厳しいですが、
もうすぐでかわいい赤ちゃんに出会えるので、
がんばって乗り越えてくださいね!






inekoより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP