赤ちゃん幼児子育て.com

乳腺炎の食事制限はいつまでする?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

乳腺炎になってしまった。
病院では食事制限を指導され…でももうおっぱいもしこりもないし、
いつもと変わらない変わらない感じだけれど…いったいいつから解除していいいの?

私も初めて乳腺炎を起こした時はそうでした。
今回は、乳腺炎の食事制限はいつまでしたらいいか?について紹介します。

Sponsored Link1

・ずっと食事制限しなくてはいけないの?


乳腺炎の食事制限。
油抜き糖抜きを指導されるところが殆どでしょうか?



薬を処方されているから、揚げ物だけ避けてね。などといわれる場合もあるようですが、
肉・魚(揚げ物も)・パン・おやつ(果物)はNG。食べれるのは野菜とごはんだけ!


なんていう大変な制限とかけられる場合も(kouは実際に言われたことがあります)


もちろん制限は、ママの為を思うからされるのであって、
病院側も意地悪しているわけではありません。



実際、悪化したり、治癒が遅くなるのを避ける為に食事制限されるのだと思います。
そして、辛くても、治癒するまでは、守るべきだと思います。





・完治したらまた食生活はいつも通りでいい?


初めて乳腺炎を起こした時。(kouには、0歳と4歳の息子がいます)
天ぷらを2日連続で食べ、アイスを食べた翌日に、発熱と片乳に激痛が走ったを覚えています。
そして、下がらない、40度の熱と、毎日通った点滴とマッサージ。


2週間は食事制限を頑張りました。

そして、もう治りましたよ。と助産師さんに太鼓判をもらって、
また、普段の食生活に戻り、一週間。

再び乳腺炎に。



それからは恐くて、野菜中心で、揚げ物、乳製品や糖分の高い物、
油分の高い食材は避けて生活しました。
これで少しは収まったのですが、



それでも、疲れが溜まると、母乳の調子が悪くなるので、
色々調べてたどり着いたのが、


「ごぼうし」(牛蒡子)


ごぼうのタネです。
これを、煎じて飲むといいと知り、ドラッグストアで取り寄せ飲んでみました。

味はとんでもなくまずいですが、
それから、食生活はなるべくヘルシーなものを心掛けていますが、
乳腺炎は経験していません。


(煎じて飲むのが苦手という人は、
フライパンで煎ってパウダー状にして飲んでも良いようです。)



Sponsored Link2

・さいごに

赤ちゃんのお世話は24時間年中無休。
初めての事ばかりですし、思い通りにもいきません。


疲れも溜まりますよね。
食べ物くらい好きなものを食べたい!という気持ちもわかります。



でも、ほどほどにしましょう。
まったく甘いものや脂っこいものを避けるのは、無理でも、
量を調節したり、控え目を心掛けることはできます。



そして、気になった方は、「ごぼうし」検索してみてください。
生500gで2000円程で手に入ります。
煎じて毎日飲んでみましょう(漢方なので継続が大切だと思います)



kou より

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP