赤ちゃん幼児子育て.com

乳腺炎防止の食事レシピは?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

母乳育児を頑張るママに取って恐怖とも言える、乳腺炎。
あなたは乳腺炎って起こしたことがありますか?

最悪の場合ですが、重症化すると、乳房の中で、母乳が膿み切開する可能性も…。



今回は、そんな恐ろしい乳腺炎を防止する為の食事レシピをご紹介します。



Sponsored Link1

・基本は和食が良いです。

日本人の乳腺は他の人種に比べて、細く乳腺が詰まりやいのだとか。
油分の多いものや糖分の多いものを食べると、血がドロドロになるのと同じで、
母乳もドロドロになり、それが乳腺を詰まらせる原因となります。



それなら!
やはり、母乳に良いのは、バランスが取れて、ヘルシーな和食がおすすめです。
え?私、お魚も、お野菜も苦手です。っていうママもいるでしょう。



それなら、牛肉からお豆腐に切り替えてみたり、
お魚も、すり身を食べたりと工夫しましょう。
母乳育児中は、お腹が減ります。
楽でおいしい、スナック菓子やあまーい菓子パンの食べ過ぎは厳禁です。
(甘い物やや脂っこいものを食べ過ぎた母乳は、苦い味の母乳になるそうです)





・本当に乳腺炎は辛いです。

私は、4歳と1歳の男の子のママです。
次男はまだ1歳なので母乳育児中です。
私はとことん乳腺が詰まりやすい体質で、長男の時は、かなり食事制限していました。



夏場は食事の前にたっぷりのサラダ。
冬場は温野菜やお鍋中心の生活。
お砂糖と油分をとことん取らない!というストイックな食生活をしいられました。
しかし…体質で「この食品は詰まる!」というのがあるのです。



私の場合は、「乳製品」がダメでした。
生クリームやラクトアイス、牛乳、チーズ、バターがダメ。
これを口にすると母乳が詰まるのです。
これが判るまで、2年程かかりました…。



私詰まりやすい!というママは、自分がどうしたら詰まるのか…。
母乳が不調な時には、今日はどんな食事をしたかな?などと気にかけてみてください。



Sponsored Link2

・さいごに



いかがでしたか?
おいしい母乳を赤ちゃんにあげるには、和食が良いと言われていますし、
乳腺炎防止の為にも、和食を心掛けることが良さそうですね。



おいしい母乳・乳腺炎防止の他にも、和食などのヘルシーなお食事を心掛けると、
ママに嬉しいことがもう一つあります。



それは、体重の減少です。
産後ダイエットに運動…大変ですよね。
それなら、ヘルシーなお野菜中心の温かい料理をお腹いっぱい食べて、
代謝をUPさせて、母乳をあげると、赤ちゃんもたっぷり飲んでくれて、
ママの体重も減っちゃうという嬉しい現象が。



母乳をおいしそうに飲んでくれるのも、短い赤ちゃんで10ヶ月。
長い子だと4歳くらいまでです。
(主食として母乳を飲んでくれるのは1年程)
長いようですが、過ぎればあっという間の短い期間です。



ママのためにも、赤ちゃんのためにも、
ぜひ、和食中心、お野菜中心の食生活を心がけてくださいね。



kou より

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP