赤ちゃん幼児子育て.com

乳腺炎の症状!しこりが痛い!対処法は?

Sponsored Link

出産をして、育児が始まり、
とても忙しいのに、胸に違和感…。

google Sponsored Link1


赤ちゃんのためにも、大事な時期なのに
飲ませれないほど胸が痛くなったり、
触ってみるとなんだか変なしこりがある…。
そんなことがあると怖いですよね。


今回は、痛みなどが辛い、
「乳腺炎」の「症状と対処法」をお話ししようと思います。



【乳腺炎の原因と症状】



乳腺炎の原因は、
・細菌が乳頭から入ってきて炎症が起きる。
・赤ちゃんの飲み残した母乳が詰まる
・授乳中の食事内容
・ストレス
・ブラジャーがきつい

かと思います。


どんな症状が出てくるかというと、
・母乳が詰まってしこりになるけど、
 母乳が作り出されるため詰まって痛い。
・「チクチク」とした痛みから、
 赤ちゃんが触っただけでもかなりの痛さになってくる
・熱や関節痛、頭痛など、体調が悪くなる
・母乳の質が悪くなり、出が悪くなる。

など、あまり育児中じゃなくても嫌な症状ですね。


通常でもなりたくないと思う症状が、
一番母乳が大事な時期になると、とてもつらいもの。
では、どうしたらいいのでしょう?


【乳腺炎の予防法と対処法】


乳腺炎になると、とてもつらいので、
まずは予防法でならないように気を付けましょう。
予防法は、

・赤ちゃんに両方の母乳を飲んでもらい、残乳処理は全て出し切ると
 また張ったときに凄く痛くなるので、痛くならない量だけにする。
・高カロリーなものは、質も悪くなり飲み残されますし、
 脂肪分が詰まり出も悪くなるので控えて、あっさりしたものにする。
・母乳の原料は血なので、パパに任せて血行を良くするためにも
 お風呂などゆっくり入り、リラックスする。
・産後胸が下がったりするのが嫌でも、きついブラジャーは、
 血行が悪くなるので通常下着はやめて授乳用にしましょう。



今は可愛い授乳用もあるので、色々調べてみましょう。
それでも乳腺炎になってしまったときは、病院に行きましょう。
乳腺炎には3種類あるみたいなので、正しい対処法も3種類あります。
しっかりと医師に聞いてから、対処したほうがいいと思います。


初産の方で多い乳腺炎、
「急性うっ滞性乳腺炎(急性停滞性乳腺炎)」の場合は、
予防法の方法や、産院などで行われている「おっぱいマッサージ」で
よくなってくると思います。



【さいごに】



今まで何もなかった自分の胸から、
わかってはいたけど本当に母乳が出てきて驚きました。
その上、母乳ができるたびに激しい痛み…。
病院で泣きながら、熱々の胸に搾乳機をつけていたことを覚えています。


乳腺炎はそれ以上に痛いので、
まずはならないように予防をしましょう。


赤ちゃんの美味しい母乳のためにもなりますし、
自分のためにもなるので、いい母乳を作って、
痛くない・苦しくない育児ライフを楽しみましょう。


以上、くまのおかんでした。

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link