赤ちゃん幼児子育て.com

子どもの乳歯の歯磨きっていつからする?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

生まれたばかりの赤ちゃんの歯茎は、
乳歯もなくて、ツルツルしてますよね。



だけど、1本でも乳歯が、生えてきたら、
歯磨きは、いつから開始したらいいのかしら??と、
疑問に思うママも多いと思います。


そこで、今日は、
子どもの乳歯の歯磨きっていつからするの?
について、ご紹介したいと思います。



Sponsored Link1

●乳歯の歯磨きはいつから?



赤ちゃんの、歯磨きを開始するタイミングは、
最初に、歯が、生えたときです。


スタートの目安は、6ヶ月~1歳ぐらいです。


このぐらいの時期は、
まだ間食も少ないですので、唾液の浄化作用で、
清潔に、保つことが出来ます。


しっかりと磨くというよりも、
「慣れさせる」のが目的です。


歯ブラシに、少しでも慣れてもらうことが、
前提なので、ママも焦らず、
ゆったりとした気持ちで、初めてみましょう。


◎歯の生え方

・6ヶ月~   下の前歯が生えてくる。(2本)
・1歳~    上下の前歯が4本づつに(8本)
・1歳半~   第1乳白歯が生えてくる(12本)
・2歳半~   乳歯列が完成します   (20本)


歯の生え方には、個人差がありますので、
+-6ヶ月は、心配しなくてもOKです。


始めは、ガーゼや綿棒を使って、清拭します。


慣れてきたら、乳歯用の歯ブラシを使い、
1・2回歯に触れる練習をする。


歯ブラシに慣れてきたら、1本づつ優しく磨きます。


強く磨かないように、注意してあげてください。


最後に、「頑張ったね♪」と褒めてあげてくださいね。




●息子の歯磨き



息子の歯が生え始めたのは、10ヶ月の頃です。


始めは、歯をガーゼで拭き取ることから始めました。


そして、前歯が上下2本づつ生えてきた頃から、
乳児用のトレーニング歯ブラシを使って、
口に入れる練習を開始しました。


ブラシの先端が、ゴム状になっていて、それが、
息子も気に入ったみたいで、よく、くわえて遊んでいました。


ゴム歯ブラシにも慣れてきた様子だったので、
乳児用の歯ブラシを使って歯を磨きました。


息子の顔色が、急に変わりました。


「あれ…??いつもと何か違う!?」
そんな表情で、私の顔をジッと見てます。


そして、逃げ出そうとする息子の顔を、
太ももで挟み、息子の手を、足で押さえながら、
歯磨きをしました。


それから、毎日、歯磨きをする度に、
息子と戦っています。(笑)



Sponsored Link2

●最後に…



初めての歯磨きって、とても難しいですよね。


どの子ども達も、始めは、必ず嫌がるものだと思ってください。


慣れるまでが大変ですが、子ども達の歯を守ってあげられるのは
ママしかいません。


焦らず、ゆっくりと教えてあげましよう。






ゆきどんより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP