赤ちゃん幼児子育て.com

乳歯の歯並びがすきっぱになってしまった…どうしたら?

Sponsored Link

赤ちゃんの歯が生え揃ってきて、
ニッコリスマイルがとっても可愛く、写真をパシャリ…。


でも、よくよく見ると我が子の歯と歯の間に隙間があって
「すきっぱかもしれない」と不安になったことありませんか?


このままだと将来、歯並びはどうなるのだろう?
すきっぱのままだったらどうしよう?
など、不安に思うお母さん、お父さんも少なくないと思います。


なので、今回は
「乳歯の歯並びがすきっぱ、どうしたら?」
をお話ししようと思います。



Sponsored Link1

【すきっぱは、永久歯の準備が出来ている証拠!】


すきっぱと言うと、少し印象が悪いかもしれませんが、
赤ちゃんのすきっぱは、優等生です。
安心してください。


乳歯が抜けた後に生えてくる永久歯は、乳歯より大きいですよね?
赤ちゃんは、永久歯は生えやすいように乳歯が生えるころから
スペースを確保しているんですね♪


では、隙間なく歯並びの良い赤ちゃんはどうなのでしょう?
スペースがないまま永久歯が生えてくると思いきや、
成長とともに、顎も発達して大きくなるのでスペースが出来ます。


乳歯の歯並びでは、将来の歯並びについてはわかりません。
歯並びが悪くなる原因は「遺伝」「生活環境」だと思います。
頬杖などをすると顎が歪み、歯並びも悪くなります。


気になるのでしたら、まずは生活環境を変えて、
それでも不安な場合は、歯科で聞いてみましょう。





【スキッパで褒められた】


私の子どもも、すきっぱです。
そのことが不安でしたが、
ネットで調べても「将来の歯は予測できない」
「今の段階では治療はしないほうがいい」ばかりでした。


ある日、役所で同じ年頃の子どもを集めて健康診断をしました。
その時に、歯も見てもらいましたが、一言目に
「わ!すきっぱ!これは将来良い歯になるかもね♪綺麗なスキッパ♪」
と、凄く褒められました。


スキッパで褒められると思ってなかったのでびっくりしました。
ですが理由を聞いてみると、上記にも書いたように
永久歯の準備が出来ているということらしく、
私も「気にしすぎただけで大丈夫なんだ」と安心できました。


Sponsored Link2

【さいごに】

歯並びが悪くなる原因は、
「遺伝」と「生活環境」です。


歯の隙間は、永久歯の準備なので
心配することはないと思います。


ですが、乳歯は永久歯のために生えてくる歯なので、
少しでも気になる点がある場合は歯科に相談しましょう。
乳歯だからと放置すると、永久歯に影響します。


フッ素を塗ってもらった時や、定期健診の時に、
一緒に歯並びを見てもらったり、相談すると安心だと思います。


以上、「スキッパについて」でした。


くまのおかんより

Sponsored Link3

あなたにおすすめ


Sponsored Link