赤ちゃん幼児子育て.com

乳児のRSウィルス!熱はでる?

Sponsored Link

皆さんは「RSウィルス」という病気を知っていますか?
最近になり耳にすることが多くなったと思います。

google Sponsored Link1




私もつい最近次男がかかり、初めて知りました。



実はこの「RSウィルス」は、
小児科の先生がもっとも恐れる病気とも言われているようです。
このウィルスはほぼ100%の人が2歳までに1度は感染すると
言われています。





*誰もがかかる感染症*



このRSウィルスは咳やくしゃみ等、
「飛沫感染」で感染します。
先程も紹介したとおり、2歳までに一度は経験するウィルスです。



気管の病気ともいわれていて、気管支のさらに奥、
枝別れした細い「細気管支」にウィルスが感染することで
ひどい呼吸症状が現れるのが特徴です。



RSウィルスの特徴



・潜伏期間は1週間程

・鼻水や咳症状

・ゼイゼイというひどい呼吸音

・38~39℃の高熱が出る。
(大人の場合、熱がなく鼻風邪程度で終わることも)

・乳幼児や早産児が感染すると重症化する危険が高い

・秋の終わり頃から春先まで流行
(ピークは真冬時)

・初めて感染した乳幼児のうち25~40%が肺炎や細気管支炎を起こす。





google Sponsored Link2



*乳児は高熱がでます!*



特徴にもあったとおり、乳幼児は高熱を伴います。


うちの次男も39℃の高熱が出て
咳も鼻水もひどく、ゼイゼイとした呼吸音で
何とか寝てはいるものの、横にいる私は気が気じゃなかったです。



「25~40%が肺炎や気管支炎」というのは
高い確率ですよね。



もちろん私も先生からそのように説明されました。
肺炎で入院するのも珍しくないから、
注意して見ておくようにと言われました。



しかしこのRSウィルス。
何がやっかいかというと、風邪と処置が変わらないということです。



RSウィルスに対する特効薬がないのです。
痰がからんで苦しかったら、鼻水と痰をとる。



鼻水や咳に対する薬を飲むということで
症状が落ち着くのを待つしかないようです。



特効薬がない。と書いたのですが
実は重症化を防ぐ注射はあるのですが、
保険が利かず、実費になります。



ただ早産児や先天性疾患等をもったお子さんは
保険でうけることが出来ます。



体重で変わるそうですが、1本8万ということなので
なかなか打てませんよね…(苦笑)



肺炎など重症化した場合はすぐに病院、入院で
お医者さんにまかせるのが一番ですが
おうちで看病される場合は、
とにかく水分補給に気をつけることです。



水分が不足すると、ただでさえひどい痰や鼻水が
更にねばっこくなってしまい、気道がつまったり
呼吸状態の悪化につながります。



高熱が出ているでしょうから、なおさら水分は大切ですよね。





*さいごに*




子どもはとにかく病院は嫌いですよね。
でも、おうちで鼻水を吸ってあげたりしていても
どうにもこうにも苦しそうと思ったら
やはり、病院や耳鼻科で処置してもらうのが良いと思います。



苦しそうだけど・・・でやめてしまうと
お子さんが苦しいですからね。



鼻水はウィルスが溜まっていますし、ノドに降りると
痰になってしまうので
こまめにとってあげると楽になると思います。



私は小児科と耳鼻科を使い分けるようにしています。
何かあったときの為にも、かかりつけの病院は見つけておくに
こしたことはありませんよね。




「504u4ママ」より

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link