赤ちゃん幼児子育て.com

乳児が泣く理由は?私の認識

Sponsored Link

赤ちゃんはとてもかわいいです。
特に乳児時代は寝ていることがほとんどで、
本当に天使のよう・・・。



けれど!起きている時間はなぜか泣いている・・・!
なんで?どうして?


この記事では、乳児が泣く理由について、
私なりの考えを書いてみたいと思います!




Sponsored Link1

【泣くことですべて表現】



赤ちゃんは、話すことができません。


けれど、たくさんのことを考えていて、
ママに気づいて欲しいことはたくさん!



・お腹すいた!
・オシッコでちゃったの!オムツ替えて!
・この部屋暑いよ!寒いよ!
・ママ遊んでよ~!
・抱っこしてよ~!



とにかく構って欲しくて泣くのだと思います。


話ができないから、
声を出すことで気づいてもらえる!
声を出せば、ママが来てくれる!



でも、声を出すだけではインパクトが・・・
泣いてみよう!


と本能的に涙を流すのだと思います。




【理由がないことも】



おむつも変えた、お腹もいっぱい、
具合が悪いわけでもないのに、
何をしても泣き止まないことがあります。



たそがれ泣き、と呼ばれるもので、
特に夕方、ママも赤ちゃんも疲れている時に泣きます。


理由がわからないと、本当にこっちも泣きたくなりますよね。


けれど、大人も時々切なくなることがあるので、
赤ちゃんも切なくなる時があるんだろうなぁ・・・
と思います。




【なんで泣いているか?】




不思議なことにママというのは、
赤ちゃんと一緒に過ごしているうち、
なんで泣いているかわかるようになります。


私も、初めは全くわかりませんでした。


けれど、だんだん泣き方にもバリエーションがあることが分かりました。


お腹がすいた時の激しい泣き方、
おむつを替えて欲しい時のちょっとだけ弱い泣き方、
遊んで欲しい時のぐずった感じの泣き方・・・


同じように聞こえてもちょっとづつ違うのです。


赤ちゃんなりのサインを一生懸命伝えようとしているのです。





【乳児期が終わっても・・・】



我が家の1歳児は乳児期は終わりましたが、
未だに泣きます。


オムツ・お腹すいた・遊んで!の他に、
“転んで痛くて泣く”という泣きが増えました。


もちろんそれ以外でも泣いています。


もしかしたら、お話しできない自分がもどかしくて、
泣いているのかもしれません。



Sponsored Link2

【さいごに】




いかがでしたか?



赤ちゃんは泣いて成長していきます。
たくさん泣いて、
いろんなことを覚えていくのだろうなぁ、
と、我が子を見て感じました。



泣いた時、大人が寄り添って安心させたり、
たくさん話しかけて言葉を覚えて、お話しできるようになれば、
泣く回数はぐんと減ってきます。



我が子もまだまだ泣く日が続くと思いますが、
気長に付き合っていこうとおもいます。



inekoより

Sponsored Link3

あなたにおすすめ


Sponsored Link