赤ちゃん幼児子育て.com

乳児のインフルエンザ予防!家族がかかったら?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

冬場になると、毎年インフルエンザのことが
気がかりですよね。



抵抗力の弱い乳幼児は特に重症化しやすいので、
小さなお子さんがいるご家庭では、
対策に大変気を遣われていることと思います。



しかし、どんなに気を付けていても、
一緒に暮らしている家族がかかってしまったら?


我が家では、毎年のように
主人がインフルエンザに感染しています・・・。


そのたびに私は、子どもたちにうつらないようにと
あれこれ対策を講じています。



ここでは、そんな我が家の対処方法を中心に、
乳児へのインフルエンザへの感染を防ぐには、どのように
すれば良いか、ご紹介します。



Sponsored Link1

・手洗いうがい、マスクの徹底


当たり前の事ですが、インフルエンザ対策には
何と言っても「手洗い、うがい」が一番大切です!!


特に、家族がインフルエンザにかかっているときは
普段より更に念入りに行いましょう。


家にいても、食事の前後やおもちゃで遊んだ後など、
とにかくこまめにしておいた方が良いです。


赤ちゃんはうがいをするのが難しいので、
食後に水分を飲ませる、お口の周りや中を清潔なガーゼで
拭くなどしてあげてください。


月齢の大きいお子さんであれば、鼻まですっぽり
覆われているマスクを着けてあげましょう。



・適切な換気、加湿


主人がインフルエンザになり寝込んでいるとき、
子どもとは別室で過ごしてもらいドアも閉めていました。


それでも、空気がどんよりしているような気がして、
1時間ごとにドアと窓を開けて換気していました。


このとき、部屋全体の空気が入れ替わるように、
ちょうど対角にある窓を全開にして行うのがポイントです。
一つだけ開けてもきちんと換気できていないので、
注意してくださいね。



また、ウイルスは空気が乾燥していると増殖します。
なので、加湿器や濡れタオルを干して加湿し、
部屋が乾燥しないようにしていました。


加湿すると、部屋も少し温かくなり快適です。





・生活時間をずらす


主人には申し訳なかったですが、会社をお休みしている間は、
出来るだけ子どもたちと一緒にいないようにしてもらいました。


インフルエンザは咳やくしゃみなどの飛沫感染が
多いと聞いていたので、食事の時間も別々。
入浴なども、子どもが寝静まってから。


主人は「俺だけ隔離されているみたい・・・」と、少し
寂しそうにしていましたが、家族のために我慢してもらいました。




Sponsored Link2

・まとめ


今回ご紹介した対策を行った結果、当時1歳になったばかりの
子どもは、何とかインフルエンザに感染せずに済みました。


我が家は主人が毎年かかっていますが、対策のおかげ?で
2人の子どもたちにはまだ一度も感染していません。


日ごろから規則正しい生活・食事をしていれば、
家族が感染しても、それほど心配する必要はありません。


インフルエンザウイルスをやっつけることができるような、
強い体作りを心がけてあげてくださいね!

dora80より

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP