赤ちゃん幼児子育て.com

乳児の沐浴!期間はどれくらい?

Sponsored Link

生まれたばかりの赤ちゃん。
ベビーバスに入れてあげると、気持ちが良いのか、
うっとり目を閉じたりして、なんとも可愛らしいですよね。


初めて沐浴させるときなんて、
首も座っていないし、せっけんで滑りやすいしで、
おどおどしながら、沐浴させるパパさんママさんも、
少なくないのではないでしょうか?


ところで、ベビーバスでの沐浴は、いつまでなのでしょうか?


今回は、乳児の沐浴と期間について調べてみました。

google Sponsored Link1



【なぜ乳児は沐浴するの?】



沐浴とは、ベビーバスなどで、
お湯や水を浴びさせて、体を清めることを言います。
大人と同じ浴槽に入ることは、入浴といい、
沐浴と入浴の区別をしています。


なぜ入浴ではなく、沐浴をするのでしょうか?


赤ちゃんは、非常に抵抗力が弱く、雑菌等の心配があるため、
赤ちゃんだけしか入らない、ベビーバスなどで沐浴させるようです。


また、お風呂のお湯は、新しい入れたてのお湯、
大人とは異なる、適温で入れるということ、
長湯をさせてはいけない、ということからでもあるようです。





【乳児の沐浴はいつまで?】



赤ちゃんは、生後一ヶ月までは、特に抵抗力が弱く、
感染などを避けるために、ベビーバスで沐浴します。


大人と同じ浴槽での入浴は、
生後一ヶ月を過ぎれば、問題はないようです。


新生児・乳児でも、感受性が強くて、敏感な子もいるので、
突然、大きな浴槽や、いつもよりも多いお湯、
環境の変化などで、びっくりさせてしまうこともあります。


生後一ヶ月は、沐浴をおすすめしますが、
その後は、とくに「こうしたら良い」という決まりはないので、
ベビーバスでの沐浴を続けても、問題はありません。



うちの子は、とっても敏感な子で、
私の沐浴でなければ、大泣きでした。


さらに当時、主人は単身赴任で、
私も主人も、両親は遠方だったため、
平日は、私と子どもの二人っきり。


そんな中で、「大人のお風呂デビュー」など、できるわけもなく、
子どもが、ベビーバスに入れなくなる、ギリギリまでは
ベビーバスでの沐浴でした。


徐々に、大人と同じ浴槽に慣れさせるために、
週末、主人がいる時だけは、一緒に入浴、
平日は、ベビーバスで沐浴、を繰り返していました。


大人の浴槽に入れて、泣くたびに、
なぜ泣いたのか、何が原因だったのか、ということを、
毎回探り、ひとつずつ解決していきました。


たどり着いたのは、

・適温よりも、少し熱めのお湯を入れて、浴室を暖めておく
・声が響かないように、浴室のドアを開けたまま入浴する
・「お風呂の時間ですよ」と言い聞かせる

そして何より大事だったのは、

・私自身が、びくびくしないで入浴させる

ということでした。


私の思っていることが、
ダイレクトに伝わってしまう、感受性の強い子。
心もそうであれば、耳や体で感じ取ることにも、
敏感だったようです。




google Sponsored Link2



【さいごに】



生後間もない新生児や乳児を、沐浴させるって、
慣れないうちは本当に大変ですよね。
まして、産後、体が元に戻っていないママさんにしたら、
それはもう、大仕事です。


私は、出産時に、病院で同室になった、
他のお子さんよりも、大きな子を出産したため、
骨盤の開きが、他の方よりもすごくて、
腰への負担が、非常に大きかったです。


産後、退院する前に、産院で沐浴練習をするのですが、
子どもが大きく、骨盤が開いて腰が痛い、ということで、
私一人が、最後まで沐浴をさせることが出来ず、
途中リタイア…。


それでも、やっぱり「母は強し」なんです。
不安いっぱいで退院しましたが、沐浴できちゃうんです。


でも出産って、ものすごくエネルギーを使うんです。
毎日とは言いませんが、
パパさんも、沐浴チャレンジしてみてください。
ママさんを、少し、お休みさせてあげてください。


おどおどしても、びくびくしても良いんです。
パパが、頑張って沐浴させている姿を、
ママが笑いながら見守る。


私は、それが、

「沐浴の醍醐味」

だと思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link