赤ちゃん幼児子育て.com

一歳児の食べむらの解決法

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

毎日、毎回の食事がストレスで…。
そんな幼児を抱えるママの声を良く聞きます。


今回は、一歳児の食べむらの解消法をご紹介します。


Sponsored Link1

【・あまり気にしないことが大切】


一歳児のママ達は、
「栄養バランスを考えて」
「このくらいの量が適量」


など、育児本や離乳食本・幼児食本と
にらめっこして毎日の食事を用意している
ことと思います。


しかし…当の1歳児は?というと、
食べたり食べなかったり。
好みのおかずばかり沢山たべる。
好き嫌いばかり。
遊び食べする。


など、ママを「不安」や「イライラ」を招く
ことばかりをしてくれます。


でも…1日や1食単位で、
摂取量や栄養バランスを考えないでください。


1週間で考えてみてはもらえませんか?
1週間で見渡して、
栄養バランスや摂取量がそれなりであれば、
大丈夫です。




【・完全栄養食に頼ってみる】


納豆やバナナ、ヨーグルトなど、
「完全栄養食」と呼ばれているものがありますよね。


栄養が豊富に含んだ食品でも、
1歳児が喜んで食べるものはあります。


もし、納豆が好きなら、
毎朝納豆とご飯。
でもいいわけです。


何も食べないよりは、
菓子パンで済ませるよりは、
健康的です。


我が家には4歳と1歳の息子がいます。
二人とも食が細く食べムラある子達です。


長男が1歳の時は、
豆腐と枝豆、バナナしか食べないという
ひどさだったので…。


毎朝、豆腐料理。
おやつはバナナ。
夕食の付け合わせに枝豆。
を出していました。


母乳育児をしていたので、
母乳からも栄養を摂取していたのかも
しれませんが、
すくすくと育っています。


もちろん、
食べても食べなくてもと、
他の食材も食卓に並べていました。
2歳を過ぎた頃からは、
なんでも食べるようになり、
4歳の今では好き嫌いはありません。


次男1歳は、パンと米、麺類などの炭水化物
と味噌汁が大好き。

他はお菓子以外は食べないので、
さすがにお菓子は…と

お菓子はバナナやイチゴ・りんごなどの
果物にヨーグルトをかけて。


味噌汁は具だくさんにして出すようにしています。
しかし…味噌汁の汁ばかり飲んで具は食べませんが…。


でも、すくすく育ち。
少しずつ、他の食材にも興味を示し
始め、口に運ぶようになってきました。


Sponsored Link2

【・食卓に並べ続けることが大切】

食べムラを解消するには、
今日明日で、解決できるものではありません。


しかし、今日食べなかった食材でも、
調理法を変えたり、気が向いたりと、
明日は食べるかもしれません。


食べなかったからこれは「嫌い」なんだ!と
決めつけず、食卓には色々な食材を
並べ続けて下さい。


そして、同じ食卓でママやパパが
「おいしいね~」と食べるのです。


すると、いつか興味や好奇心が芽生え、
ムラ無く食べるようになりますよ。

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP