赤ちゃん幼児子育て.com

一歳児の食べむらの解決法

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

食欲のむら、食事の量のむら・・・
1歳ころになると出てきます。




これは、子供に自我が芽生えてきた証拠で、
大人になるための第一歩ですが、
食べむら・・・特に食べなくなると不安になりますよね。



子供の食に関して悩みはつきません。



この記事では、一歳児の食べむらについて、
経験談をもとに書いていこうと思います。






Sponsored Link1

【お腹がすけば食べる】




大人はお腹がいっぱいなら食べないし、
お腹がすけば食べますよね?
実は子供もそうなのです。


我が子も食べむらがありました。


なので、ちょうどご飯の時間におなかがすくように、
外遊びを取り入れたり、
おやつの時間や量を調節したりしました。



時々タイミングを失敗して、
ご飯の前におやつ・・・ということがありましたが、
それでも時間を整えることで、だいぶ食べむらも減りました。



栄養のバランスも気になりますが、
一食抜いたところで子供は平気です。
1日トータルで見て、バランスがとれていればよいと思います





【なんでも混ぜてみる】





我が子は、野菜を出すと全然食べませんでした。



そこで、ミキサーで野菜を細かく砕き、
大好きなハンバーグに混ぜ込んでみました。



苦手なほうれん草がたくさん入ったハンバーグを見事完食、
おいしいと食べてくれました。



また、ご飯が大好きで、
白米だけであとは何もいらない!でしたが、
さすがにそれはまずいので、
野菜やお肉を細かく刻み、白米に混ぜ込んでみました。



こちらもすべて完食!



子供は意外と、好きなものと一緒なら何でも食べてくれます。
単品でダメなら混ぜてみるの、おすすめです。








【ちょっとしたひと工夫】




食事の環境を作りましょう。
テレビは集中できないので消しましょう!
食べることに集中できる環境が大事です。



また、子供が好きなキャラクターのお皿を準備したり、
盛り付けを無造作にではなく、キャラクター風にしたり、
食べさせているなら、全部手づかみ食べにしてみたり・・・



見た目を変えると、雰囲気が変わって、
食べてみようかなぁと思う子供もいますよ!



食べむらで悩んで、ついイライラしてしまいがちですが、
イライラして怖い顔でご飯をあげてるママの顔を見たら、
子供は食べる気がなくなってしまいます。




その分しっかり食べられたら褒めちぎって、
食べることは楽しい!と子供に思わせることが何よりも大事です!






Sponsored Link2

【さいごに】





我が家の5歳児の食べむらはある日突然無くなりましたが、
現在は1歳児の食べむらに悩まされており、
毎日が悩みの連続です。




けれど、終わりは必ず来るものなのです!
食べむらに悩むママさん、一緒にがんばりましょうね!




inekoより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP