赤ちゃん幼児子育て.com

ロタウイルスの赤ちゃんのワクチンはどのように打つ!?

Sponsored Link

幼い頃にかかりやすい病気の一つ「ロタウイルス」
任意接種ですが、ロタウイルスにはワクチンがあります。
今回は、ロタウイルスワクチンについてご紹介します。
赤ちゃんのママは必見です。

google Sponsored Link1


【ロタウイルスワクチンを摂取する期間は決まっています】



ロタウイルスのワクチンは生後6週間の赤ちゃんから摂取することができます。
生後6週といえば、まだ定期接種の予防接種が始まろうかというころです。
「そんなに早くから、注射があるの??」と驚いてしまいますよね。



ロタウイルスのワクチンは2種類あります。
2つのワクチンの特徴から見ていましょう。


〈ロタリックス〉


生後6週間から24週間0日までの赤ちゃんを対象としています。
生ワクチンで1種類のロタウイルスに対応しています。
接種は、4週間あけて2回摂取します。


〈ロタテック〉


生後6週間から32週間0日までの赤ちゃんを対象としています。
生ワクチンで5種類のロタウイルスに対応しています。
接種は、4週間あけて3回摂取します。


費用ですが、1回につき8000円~15000円が相場のようです。
それを2回または3回摂取するので…25000~30000円程になります。
「高いな~」と正直思いますよね。
私も思います。しかし、ロタウイルスはとても重い感染症です。


お住まいの地域によっては1部補助がでたり全額出る自治体も
あるようですので、問い合わせてみましょう。


【打つべき?打たぬべき?】


他のワクチン(ヒブワクチンなど)の定期接種のワクチンも、
生後6週間ほどから摂取が可能になりますので、
生ワクチンのロタウィルスのワクチンを接種しながら、
どの順番で摂取がベストなのかを、摂取する小児科で相談しましょう。
1か月健診を受けるときに相談しておくとスムーズになるかもしれません。


打つべきか?打たぬべきか?というと、
2歳と6歳の息子を持つ母ある私個人の意見とすれば、
可能なら打つべきだと思います。


我が家は2人の息子とも摂取していません。
恥ずかしながらロタウィルスのワクチンの存在を知らなかったのです。
長男が1歳の時にロタウイルスに感染したときは、
発熱・おう吐・下痢でとてもかわいそうでした。
脱水症状にもなり、点滴をした記憶があります。


ロタウイルスはとても重い病気なのです。
幼い子供ほどかかりやすい、日本ではあまり重要視されていませんが、
海外ではロタウイルスにかかり脳炎を起こし、
死亡するお子さんも多くいます。


ワクチンを摂取することで、もし感染しても
重症化を防ぐことが可能です。



【副作用も忘れないで】



ロタウイルスワクチンを接種するということは、
毒性を弱めたロタウィルスを体に入れて、
抗体を作ることになります。


もちろん、毒性が弱まっているので、
危険は少ないです。


しかし、ロタウイルスの下痢をはじめする
軽い症状を2~3日間起こす場合あります。



google Sponsored Link2


【さいごに】


ロタウイルスは感染力がとても強く、
感染から発症までも2日間と短く、
いきなり嘔吐発熱下痢などの強い症状を
起こします。


我が家の長男も前触れなく、発熱し、
マーライオンのように嘔吐、
1時間に何度も下痢をし、数時間後には
あっという間に脱水症状を起こし
ぐったりとして、病院へ急ぎました。


なってからでは遅いロタウイルス。
できればかかる前に事前に予防してあげましょう。





 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link