赤ちゃん幼児子育て.com

ママ友の毎回の手土産が辛い!どうしたら?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

子どもがいると、ママ友との付き合いも増えてくるものです。
ママ友のお宅に、お招きを受ける事も多々あります。



そんなとき、悩むのが手土産です。


私もママ友が出来たばかりの頃、手土産でよく悩んでいました。
悩むのが楽しければ良いんですが、辛い事もありますよね。
相手の事を考えているからこそ、辛くなってしまうものです。


今回は、新米ママさんでも、知っておけば辛くない、
手土産のノウハウを紹介します。





Sponsored Link1

【手土産が辛い時は、こうやって乗り越えよう】




ママ友のお宅に訪問の際、毎回手土産を持っていくのが
辛い場合は、ルールを決めると楽になります。



仲の良いママ友や、打ち解けている間柄ならば、
お互いに話し合うのもいいですね。



実家から送られてきたもののお裾分けや、食べ物、おやつ、
子ども達へのちょっとしたお土産などで十分です。
相手の家庭に合ったものを選べば、喜んでもらえます。



子育ては、何年も続くものです。
手土産が辛いなら、自分の自宅に招いた際に
「手ぶらでいいのよ。お互い、何もなしにしましょう。」と
こちらから提案してみるのも、いいでしょう。



案外、相手のママ友も悩んでいるかもしれません。


初めて訪問するお宅ならば、少し気を使ったものを
手土産として持っていきますが、毎回ともなると
お金もかかるし、大変ですよね。


神経質にならなくても大丈夫です。
もしも、自分が招く側になった場合のことを考える程度で十分です。


それでも、手土産が辛い場合、
自分の家に、ママ友が訪問した時の手土産を
覚えておくと良いですよ。



同じグレードのもの、同じようなものを持っていくのが
礼儀です。


究極の方法は、外で遊ぶ事です。
手土産の心配は一切いりませんよね。







【新米ママは、失敗しても大丈夫!】




私も、慣れない頃はいろいろ頭を悩ませました。
高価なものや、気取ったものを手土産にして、相手を恐縮させて
しまったり、手土産が少なすぎてしまったりしたこともあります。



でも、長く付き合えるような、いいママ友は、そんな失敗も
暖かく見守っていてくれました。



「次は、手ぶらでいいからね。」
「そんなに気をつかわないで。」
などと、さりげなく私を軌道修正してくれたのです。



常識の範囲で、相手の気持ちを思いやった行動をとれば、
失敗も受け入れてもらえるので、
あなたらしく振る舞えば、大丈夫ですよ。





Sponsored Link2

【さいごに】




今回は、ママ友への毎回の手土産が辛い時の対処法を
ご紹介しました。


長い子育て生活、どうせなら楽しみたいものですよね。
相手を思いやり、自分の気持ちを伝えられれば、
手土産など気にせず、ママ友ともいいお付き合いができます。
自然体が一番です。


自分が自然体でいられるママ友を見つけて、
気軽に遊びにいける関係を築いていきましょう。

omomkより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP