赤ちゃん幼児子育て.com

ベビースイミングはいつから始める?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

そろそろ首も座ってきたし、スイミングでも習わせたいなぁ…。
体が強くなるっていうし…。

水に慣れさせる為に、やってみようかしら?!

だけど、スイミングって,いつから始めたらいいの?

そこで、今日はベビースイミングは、いつから始める?について
ご紹介したいと思います。


Sponsored Link1

●ベビースイミングは、いつから始める?


赤ちゃんを、水の中に入れて、溺れないのか?と
不安に思ってる人も多いと思います。



生まれたばかりの赤ちゃんは、短い時間であれば、
水の中で、溺れることはありません。



水の中に入ると、反射的に、呼吸を止めます。



お腹の中にいる時から、羊水という水の中で、育っているので
そこも関係しているのかもしれませんね。



ベビースイミングは、赤ちゃんにとっては、10分程度でも、
物凄く体力を奪い、疲れさせてしまいます。



ですから、スイミングを始める時期は、
首が座って、体力のついた頃ぐらいが、目安になります。
一般的には、スイミングクラブにもよりますが、
6ヶ月頃からが、適当です。


ベビースイミングといっても、すぐに泳ぎを教えるのではなく
まずは、水に慣れさせることから始まります。



音楽にあわせて、水の中で一緒に遊んだり、体を動かしたり、
楽しくスキンシップを取ります。



赤ちゃんは、水の中の浮力によって、手足を自由に動かし、
全身運動になるので、発育にも役立ちますし、水の温度と、
体温との温度の差で、体温調節をする機能が発達し、
皮膚を丈夫にする手助けをしてくれます。



そして、一緒に遊ぶことで、バランスの良い親子関係を、
築くことができますよ。




●息子をベビースイミングの体験に。


近くのスイミングスクールで、2回分無料体験をしていたので
予約をしてみることにしました。



息子が、7ヶ月の頃でした。


水着に着替えて、プールサイドに行くと、
プールや人の多さにビックリして、大泣きしました。



しかも、お昼寝の時間と、重なってしまいとても大変でした。



水の中では、音楽に合わせて一緒にユラユラ揺れたり、
足をバタバタさせてみたり。



そして、あっとっゆうまに、時間がたって1日目は終了しました。

2日目も心配していたのですが、慣れてきたのか、
パパと一緒に、キャッキャ。といいながら、
水の中を楽しんでいました。



もし、心配でしたら、一度、無料体験にいってみるのも
おススメです。


Sponsored Link2

●最後に…

赤ちゃんは、水が大好きです。



もともとは、羊水の中にいたので、
それほど、水には抵抗がなく、
気持ちも、非常に安定した状態になると言われています。



お母さんのリフレッシュも兼ねて、一緒にスイミングを、
楽しんでみてはいかかですか?


きっと、いい親子関係を築けるはずです♪

ゆきどんより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP