赤ちゃん幼児子育て.com

ヘルパンギーナと手足口病の違いはウイルスなの?

Sponsored Link

ヘルパンギーナに手足口病。
保育園や幼稚園に通うお子さんがいるママは
一度は聞いたことがある名前だと思います。

google Sponsored Link1


そう、これらは夏に流行る病気です。


似たような症状が出るので
ごっちゃになってしまっている
ママも多いのではないでしょうか?


今回はヘルパンギーナと手足口病の
違いについてお話したいと思います。



【ヘルパンギーナと手足口病の症状の違い】



ヘルパンギーナと手足口病はどちらも
夏に流行する病気で、
夏風邪の一種と言われています。


ヘルパンギーナは39度~40度の高熱が
突然出て上顎の粘膜やのどの奥に
水疱ができます。


痛みが強いので食事を
嫌がる子供も多いでしょう。


熱は1~4日で自然に下がります。


これに対し手足口病は、手のひら、
足の裏口の中などに
白っぽい水ぶくれのような発疹が
あらわれるのが特徴です。



熱が出る場合もありますが、
あまり高くならず、
すぐに下がってしまいます。


このようにヘルパンギーナは口の中だけ、
手足口病は手や足にも症状が出るので
そこで区別ができるでしょう。


うちの娘もヘルパンギーナに
かかったことがありますが、
やはり突然の高熱からでした。


昼間まで元気だったのに急に
夕方から39度の高熱が出たのです。


次の日には熱は下がったのですが、
喉の痛みも訴えてきたので、
病院に連れていったところ、
ヘルパンギーナと診断されました。


喉の痛みが相当強かったようで
食事が本当に辛そうでした・・。


病院で痛み止めを処方してもらったので、
少しはましになったようですが
食べられないものも多かったです。


google Sponsored Link2



【ヘルパンギーナと手足口病の違いはウイルス?】



ヘルパンギーナと手足口病はどちらも
エンテロウイルス属(消化器に感染するウイルス)の
感染によっておこる病気です。


ヘルパンギーナは主にコクサッキーウイルス
A2型,4型,5型,6型、10型,16型が
原因となります。


それに対し手足口病は、主にコクサッキ―
ウイルスA16型(ときに6型、9型、10型)
とエンテロウイルス71型が原因となります。


このようにヘルパンギーナと手足口病とでは
エンテロウイルス属の型が異なるということです。


そのため現れる症状が異なってくるのです。



【さいごに】



まとめると、


ヘルパンギーナは


○突然の高熱(39~40度の熱)
○口の中の水疱


手足口病は


○手のひらや足に発疹が出る
○口の中の水疱
○熱は出る場合と出ない場合とある


ということですね。


どちらも口の中の痛みにより食事を
するのが辛くなることが多いので、
病院で痛みを緩和する薬を
もらうといいと思います。




しろぷーちゃんより

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link