赤ちゃん幼児子育て.com

ピアノ習うのにピアノ必要か?無くても始めた我が家の話

Sponsored Link

ピアノを習いたい、と思っても、
やっぱりピアノが無くちゃ始められない、と思いますよね。

楽しそうなんだけど、初期投資がなー。
そもそも続くのか分からないし。

我が家には、5歳の息子がいます。
芸術よりも、スポーツなタイプなので、正直、ピアノは向かないのでは・・・。


でも、ピアノを学ばせてあげたい、
世界を広げてあげたい。そう思って始めました。

結論から言えば、ピアノは最初は無くてもOKです!

どの様にして、我が家が取り組んでいるのかをお伝えします。


google Sponsored Link1

オモチャでも最初はOK


我が家が最初に買ったのは、こちらのおもちゃのキーボード。
値段は1万円くらいだったと思います。

もちろん、ピアノに比べたら音は悪いし、鍵盤のタッチ、深さ、足りない所だらです。

でも、続けられないのだったら、ピアノにホコリが被ってしまうので勿体無い。
だったら、おもちゃピアノから入るのが良いと思います。


とにかく何でも良いから、ピアノは学ばせておいた方が良い、と、強烈に僕は思います。

その理由を以下に書きました。
これを読んで貰った前提で書きますので、読んでみてください。
なぜピアノを習うのか?習い事の本質を徹底解説

オモチャピアノのスペック


うちのオモチャピアノはこちらです。
img_3321
img_3322
img_3323
メロディ、リズム付き、もちろん弾けるし、音量調整、テンポ調整も可能です。

イヤホン付きです。

単3電池3本で動き、1日15分を弾き続けて、半年で電池交換でした。


子供のオモチャピアノとしては十分の機能、性能です。
妻も弾いたりしていますし、それなりに弾けるので、
練習用、入門機としてはかなりおすすめです。

折りたたみも出来るのでかなりの省スペースです。

以下に商品説明がありますので興味があれば、
とりあえず見てみるのも良いと思います。

どうようクラシック名曲ピアノえほん (おととあそぼうシリーズ 5)

google Sponsored Link2



継続の為の投資


人は、損に対してとても敏感です。
だったらお金を一旦払ってしまう、と言うのも手です。

お金を先に払うことで、損したくない一心で、頑張って練習する、練習に付き合う、
と言うのはよくある話ですね。


まとめ


ピアノは初期投資がどうしても必要です。
ただ、無いと始められない、というわけでは無いので、
まずは、オモチャピアノを買った上で、
継続できるかを確認しつつお金を貯めて、
本格的に始める時に買えるならそれも良いかと思います。

もし、子供の習い事で始めたい、と言うことであれば、
我が家の悪戦苦闘の末、ある程度形になった時の記事がありますので、
読んで頂けたらと思います。

子供のピアノの教え方、5歳児で毎日15分の我が家の決まり


 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link