赤ちゃん幼児子育て.com

ノロウイルスの嘔吐!布団に吐き戻したらどうする?

Sponsored Link

食欲・読書・スポーツの秋になると、
子供とのお出かけにも心地良い季節です。

google Sponsored Link1



こんな時期、
いつもよりも食欲が無い、
なんとなく調子が悪そうな子供。


疲れてるのかな?
布団に寝かしつけ、ホッとした安心した時、
うわ~ん泣き声!



嘔吐してしまった事後報告の泣き声!



布団や枕、周囲がとんでもないことに!
シクシク泣く子供、嘔吐物まみれの布団!



着替え?嘔吐物の処理は?布団はどうしよう?!
何をすべき?ママは困惑します。



なんとか処理して安心したのも束の間!
自分も気分が悪くなります、そして嘔吐と下痢。



感染した?この感染力はノロウィルス?
ノロわれた?!





【布団に嘔吐した時】




ノロウィルスの流行の時期は秋から冬です。


感染者からの飛沫感染、
排泄物、嘔吐物が乾燥して塵埃となったものから
経口感染します。


感染すると短時間で激しい腹痛、嘔吐、
下痢、発熱もあります。
嘔吐や下痢等でウイルスを体内から出しきる事で治ります。



子供が調子が悪そうな気配を感じると、
早めに休ませます、
結果、布団の上で嘔吐をするパターンが多くなります。



布団に嘔吐した場合は、
嘔吐物にはウイルスがいるので、
二次感染予防の為マスク・手袋をして、
キッチンペーパーなどでふき取り、
ビニール袋に入れて密封します。




簡単に洗える物は、
次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤で洗濯、
すすぎを多めに高温で乾燥させます。
色落ちが気になるものは、85.1度以上で1分以上の熱湯消毒。



布団は大変です!
厚みがある為、嘔吐物が内部に染み込んでしまうと、
そこにはまだウィルスがいます。



布団内ではウィルスは増殖しませんが、
長くても1か月以上は生存しているようです。



ふき取って通常の洗濯だけでは、ウィルスを除去できず、
干すことでウィルスをまき散らすことになります。



この場合の布団は、厚生労働省のガイドラインのよれば、



1.嘔吐物をふき取り、乾燥させた後、
嘔吐部分にスチームアイロンをあてる。

2.次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度約200ppm)で、
消毒後洗剤を使って掃除する。




沸騰したお湯を嘔吐した部分の布団にかけても有効でしょう。




クリーニング店では、衛生上の理由で断られる場合が多いです。
万が一対応してもらえても、料金も高い上
長期間の預かりになります。



場合によっては、
布団をビニール袋に包んで破棄するという方法もあります。




google Sponsored Link2



【おねしょシートに感謝】




我が家も、秋の行楽の後に何度かノロわれました。



年中さん程になると吐き気を認識し、
トイレ・洗面所にかけこんだり、
嘔吐用の容器で対応してくれます。



乳幼児期はこれが出来ません。
愚図り、食欲不振、体調悪そうな時、
早めに寝かしつけたところ、布団で嘔吐することがありました。



初めての時は、親は心配と対応にパニック!
気分が悪い上に吐いた自分にパニック!




我が家は、赤ちゃんの時期から寝相が悪かったせいか、
古い大人の布団に介護用のおねしょシートをひいていた為、
敷布団はほとんど汚れて染み込むことはなく、
掛け布団側は被害がありませんでした。



ただ、夜間の作業だったのが辛かったです。


洗えるものは嘔吐物を水でながした後、
洗濯機で塩素系洗剤を使い洗濯、
敷布団についたところは沸騰したお湯をかけて干しておきました。



ノロウィルスは短時間で嘔吐を繰り返します。
子供には第二波に備えて、嘔吐用の容器を持たせて、
着替えてからお昼寝用の布団で寝てもらいました。



落ち着いたところで、
自分がウイルス対策としてマスクを忘れていた為、
トイレに駆け込むことになりました。



以来、嘔吐下痢系の感染症の時のグッズ
マスク・手袋・捨てるつもりのタオル類、
次亜塩素酸ナトリウム入り洗剤のハイター等
常備するようになりました。





【まとめ】




日頃から外出後は、手洗い・うがいの習慣は
身につけておきましょう。
ノロに限らず、インフルエンザ等の予防にもつながります。



万が一ノロわれても、
大変な思いをした後は、経験による知恵がついて、
次の時の予防もしっかり、対応も案外素早くできますよ!




寒くなると、尿の量も増えおもらしもあります。
風邪で咳き込んでも嘔吐する事もあります。
下痢の症状で汚す場合もあります。



おねしょシーツを敷いて、
枕元周辺には、タオルやタオルケットをにおいたり、
ゴミ箱も置いておくと、いざという時のキャッチに、
役に立つかもしれません。




布団が嘔吐物の海で内部まで染み込むと、
乾きが悪い時期ですし、その後のケアも大変です。




おねしょも無くなり、吐き気も認識できるようになったら、
新しい布団を買ってあげてくださいね。





「mamaDUCKより」

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link