赤ちゃん幼児子育て.com

男の子のトイレトレーニング!どうやって拭く?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

トイレトレーニングの男の子ってどうしたらいいの?
女子のママは、悩んでしまいますよね。



今回は、
男の子のトイレトレーニングはどうやって拭いたらいいの?
をご紹介します。



Sponsored Link1

【・男の子のトイレトレーニングは拭く?拭かない?】



女子のママは、トイレを済ませたら、
トイレットペーパーで、
拭くのが当たり前ですよね。


男子のパパは?
大は拭くでしょうが、
小は拭かない人も多いようです。


我が家には、4歳の息子がいます。


座っておしっこをするで、
トイレトレーニングをしました。


男子のパパには、拭かなくていいよ~
と言われましたが、
やはり、小をした後の滴が気になる…。


3歳くらいまでは、
トイレに一緒にいこー!
と言われていました。


ついて行ったときには、
拭いていましたし、
子供も拭くのが当たり前、
と思っていたようです。


しかし、4歳になり、幼稚園にいき、
いつも一人でもトイレが
大丈夫になるようになります。


すると、パパに、
おしっこの最後の滴をきる?
方法を教えてもらったらしく、
手でちょんちょん!と滴を落として、いるようです。





【・拭いても拭かなくても大丈夫。】



ママが気分的に拭いてあげたければ、
拭いてもいいと思います。


ママからしたら拭くのが当たり前なので、
トイレトレーニング中は拭くでもいいとも思います。


いずれ集団生活に入ったら、他の子のまねっこをして、
教えなくても、立ちションをマスターしてきたりします。


ママが最初から拭かなくても大丈夫と思えば、拭かないのもありです。


どちらでも、お子さんへの影響へは少ないと思いますので、
拭かないことにより、ママがイライラしたり、
不安になるのなら拭いても大丈夫です。


あまり、こうしなくてダメ!と思わずに、
ママとお子さんに合う方法を模索しながら、
色々試してみるといいと思いますよ。



Sponsored Link2

【・さいごに】



いかがでしたか?


男の子のトイレトレーニングは、
謎がはっきりいって多いです。


立ちションを教えるにも、
実演でみせるわけにも、いきませんし、
自分が、したことがないものの、
教えるのは難しいです。


女子のママには、どうしたらいいの?
という事が沢山あります。


そんな時は、パパにお願いしましょう。
お休みの日は、トイレに一緒にいくのは、
パパ担当。


それでも良いのです。


パパとトイレにいけるようになると、
外出先で、トイレに一緒に行くのは、
男子トイレの方が格段と楽です。


もちろん、ママが立ちションを教えるより、
パパが教えた方がプロフェッショナル級なので、
上手なはずです。


家族で協力してもらい、
トイレトレーニングをすすめてくださいね。


Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP