赤ちゃん幼児子育て.com

トイレトレーニングでパンツなしの猛特訓!

Sponsored Link

トイレトレーニングをどんな方法でやるかは、
お母さんの考え方によって様々です。

google Sponsored Link1


少しずつダラダラやるより、
大変でもいいから短期間で終わらせたい…という方は、
パンツなしの猛特訓がオススメです。



始める前に・・・

トイレトレーニングは、お母さんにヤル気があっても、
子供の準備ができていなければ、成功しません。
始める前に、次の3点を確認しましょう。


・意思疎通ができている
お母さんの話していることを理解して、
イエスノーのお返事ができるくらいになっていないと、
意思疎通ができなくて、トイレトレーニングは難航します。


・おしっこの間隔があいている
パンツなしなので、おしっこの間隔があいていないと、
頻繁に床を汚されてしまい、とても疲れます。
せめて、2時間は間隔があいていて欲しいですね。


・季節は夏
パンツなしなので、寒いと風邪をひいてしまいます。
できるだけ、暖かい季節に始めましょう。



うちの息子の場合

息子は、2歳半から幼稚園のプレに通う予定があったので、
それまでにオムツを外したいと思い、
大急ぎでトイレトレーニングをしました。


パンツなしで生活させると早く外れるとウワサに聞いたので、
実践してみることにしました。


パンツを脱がせた生活を始めて、3日間くらいは、
部屋のいたる所で、おしっこし放題。
私が拭いては、息子が汚し、拭いては汚し…の繰り返しで、
イライラしてくるし、大変でした。


部屋を汚すたびに、叱らないように注意しながら、
「お部屋が汚れちゃうから、次はトイレでしようね」
と笑顔で言い聞かせ。


だけど、できた水たまりで、足をぴちゃぴちゃさせて遊んでみたり、
ジャングルジムの上から、ジャーッとしてみたり。
逆に、部屋でおしっこするのが、楽しくなってしまったようです。


そんな日々が10日くらい続き、私のイライラは限界。
「ちゃんとトイレでしてよ、おしっこで遊んじゃダメ!」
と強い口調で言ったら、
それを境に、ちゃんとトイレでしてくれるようになりました。


散々な目にあったけれど、10日間という短期間で、
息子のトイレトレーニングは完了。
その後はパンツで過ごしても、
お漏らしすることは、ほとんどありませんでした。



google Sponsored Link2


パンツなしのメリット、デメリット

経験を踏まえて、パンツなしのトイレトレーニングの、
メリットとデメリットをまとめてみます。



【パンツなしのメリット】

・おしっこがでる瞬間を、自分の目で見ることができるから、
 子供にも視覚的にわかりやすい。

・トレーニングパンツ等を買わなくていいから、経済的

・トイレトレーニングが、短期間で完了する場合が多い。



【パンツなしのデメリット】

・床、絨毯、とにかくいろいろな場所を汚される。

・年齢の大きい子や、女の子、繊細な子は、
 パンツを履かないことを、恥ずかしがる場合がある。



おわりに

パンツなしのトイレトレーニングには、
「部屋を汚されても、絶対にヒステリックにならない」
という覚悟が必要ですが、
短期間で終わって、後がラクなので、挑戦してみてくださいね。



nana★mama より

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link