赤ちゃん幼児子育て.com

スプーンの練習はいつから始める?

Sponsored Link

1歳半頃になると、奥歯が生え始めたりすることで
噛む力も大分成長してきますよね。

google Sponsored Link1




離乳食から完了期に移行して、食べられる種類も
ぐんと増えてきます。



スプーンやフォークを
何となく一緒に渡してあるけど…
どのタイミングから練習を始めたらいいのかな?
と、気になりますよね。



どのように進めていくと良いのか、
簡単なコツはあるの?
というところを一緒に見ていきましょう。





*手づかみ食べはとっても大切*



簡単にスプーンを使うまでの流れを紹介すると…



・ママさんにスプーン・フォーク等で食べさせてもらう

・食べさせてもらいながら自分から手づかみで食べはじめる

・スプーンの使い方を知り、手づかみ食べをしつつスプーンを使う

・1人でスプーンを使えるようになる



というような流れになると思います。



1人でスプーンを使う練習として1番大切なのは
スプーンの使い方や持ち方の前に
「手づかみ食べ」です。



個人差はあるものの、成長していくことで
食べる意欲の出てきた赤ちゃんは食べ物に手を伸ばし
自分で食べようとします。



この「手づかみ食べ」をたくさん経験させてあげることで
スプーンやフォーク食べの大切なステップになるのです。





*なぜ「手づかみ食べ」は大切なのか?*



今までは、ママさんが赤ちゃんの様子をみつつ
あげていたご飯。それは言わば「ママさんペース」です。
これを「自分のペース」にする基礎になるからです。



自分で食べたいものをつかみ、食べたい順番で食べたり
触った感触でその食材を知り、温度や大きさで
自分のペースで口に運びます。



しかしこの「自分のペース」は曖昧で
まだ口に入っているのにさらに入れてしまったり
持ってみたものの、持て余してしまったりします。



この経験をすることで、自分が1度に食べられる量や
口に運ぶタイミングを学んでいくのです。





*我慢との戦い*



この「手づかみ食べ」は、
何と言ってもママさんにとって我慢との戦いになります。



私は長男の時に手をかけすぎてしまい
3歳になった今でも、1人で食べるのがあまり上手ではありません。



これを教訓に、次男坊には手づかみさせまくるぞ!と
やらせたのですが…いやはや大変でした(笑)



「あぁ!」と手を出しそうになるのをグッとこらえ
はちゃめちゃになろうとも、やらせてあげるようにしました。



しかしその甲斐あって2歳になった今では、食べこぼしはあるものの
とても上手に食べてくれています。



google Sponsored Link2




*体験ポイント*




・エプロン、シーツなどでこぼしても良い環境を!

・一口サイズにしたり、持ったり刺したりしやすい工夫を!

・スプーンは使わなくても必ず置いておきましょう

・収拾がつかなくなってきて、
 遊び出す前にそっとフォローしてあげましょう

・「こぼさないで!」と手を出さず、頑張って見守りましょう

・1日1食でもいいので、
 思いきり手づかみ食べ出来るようにしてあげましょう

・積極的に手づかみで食べるようになってきたら、
 そっとスプーンをすすめてあげて
 まずは持っているだけでも良いので、触れさせてあげましょう

・スプーンを使う頻度が増えてきたら、
 持ち方を教えてあげましょう(柄を上から握るように)

・大人のような持ち方は、
 上握りでしっかり食べられるようになってからでOK!
 焦る必要はありません。





*さいごに*




とにかくボロボロとこぼします(笑)
その為に食べさせてしまうママさんも多いと思いますが
始めからこぼして良い環境を作ることで
ママさんのストレスも減ります。



子どもの食への意欲はすごいです。
自然と手づかみで、自分の好きなものを食べるように
なります。



スプーンを使いなさい!といわなくても
手づかみ食べをしていくうちに
自然と使えるようになっていきます。



本当育児は辛抱の連続ですね(苦笑)
ちょっとお手伝いするくらいの気持ちで
見守ってあげると良いですよ。



「504u4ママ」より

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link