赤ちゃん幼児子育て.com

ストライダーのヘルメットのおすすめはコレ!

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

今ちびっこ達に人気のあるストライダー。
実際に子供も楽しんで乗ってくれますし、
ママ達もお外遊びがぐっと楽になるアイテムです。

しかし、同月齢が乗る、三輪車や補助付自転車より
上手く乗れるようになると、スピードも出るので、
乗ると同時に、乗る場所やマナーを守る必要があります。

今回は、ストライダーに乗るときに
必須のおすすめヘルメットをご紹介します。

Sponsored Link1

・ストライダーはヘルメットナシでも大丈夫じゃない?


ヘルメットがいらなかった三輪車に乗った後、
次ぎはストライダーを購入する家庭も多いと思います。
ヘルメットは帽子に比べると、頭への圧迫感や重さがあるので、
嫌がるお子さんもいるかもしれません。



しかし、安全の為に必ずヘルメットを装着しましょう。



ヘルメットって意外に高いから…なんて悠長な事は言わずに、
必ずヘルメットはストライダー購入時に合わせて購入し、
乗るときは必ずヘルメットが必須だよとお子さんに伝え、
乗れるようになる前からヘルメット装着を習慣づけましょう。





・ストライダーにはどんなヘルメットがいいの?


キッズヘルメットは、ストライダー取り扱いの正規ショップや、
自転車や三輪車を扱うお店(トイザらス・玩具店・ショッピングモールなど)で、
販売されています。

ストライダーのホームページには、
トリプルエイトや、ベルなどのヘルメットが参考で表示されています。
柄もおしゃれなものが多いので、


どれを購入したら良いかわらかない。や
のちのち、ストライダーカップに出場させたい!と思うなら、
トリプルエイトやベルのヘルメットが良いかもしれません。



公園で楽しめればいいや、
子供に大好きなキャラクターがある場合は、
好きなキャラクターや色のヘルメットを購入すると良いかもしれません。



我が家は、(4歳と1歳の息子がいます)
レッドのストライダーを保有しています。



近くの公園で楽しむ分だけな事もあり、
4歳の息子が自転車を購入する際に、同時購入した、
トミカ柄の赤いヘルメットをかぶっています。
(トイザらス購入です。
しかしストライダーはトイザらスでは取り扱いされていません)

Sponsored Link2

・さいごに

ヘルメットは、デザインや安全性も大切ですが、
お子さんの頭のサイズにあったものを試着して購入するのが大切だと思います。
日本では、2歳から乗ることが出来るストライダーですが、
実際、大きめの子だと、1歳半には乗れるようになります
(アメリカでは1歳半から対象になっています)



2歳の子と4歳の子では頭のサイズがかなり違います。
我が家の1歳になったばかり次男も、ストライダーには興味津々なので、
ヘルメットは来春、サイズにあったものを購入する予定です。



お子さんの安全を第一に考えて、楽しくストライダーに乗せてあげましょう。

kouより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP