赤ちゃん幼児子育て.com

シングルマザーの子育て!悩みと解消法!

Sponsored Link

ひとくちに、子育て中のシングルマザーといっても、
状況はさまざまですよね。

google Sponsored Link1


実家に頼ることができるのか。
仕事はフルタイムか、パートか、
あるいは事情があって仕事に就けないということもあるでしょう。
子どもは何歳児が何人いるか。


そして、その悩みも一種類ではありません。


経済的なこと。
子育てそのもののストレス。
父親がいないために困ること。
子どもへの影響、などなど。


相談できる夫という人物がいない今、
どうすれば気持ちを落ち着かせることができるのでしょうか。





頼れる人には頼ろう


シングルマザーの悩みは、母親であると同時に父親役もやらなくちゃ、
と気負ってしまうことから生まれるものが多いようです。


しかし、何もかも一人でやろうとすると、どこかで無理が出てくるもの。
周りに、手助けしてくれる人はいませんか?


実家の両親だけではないですよ。
兄妹、親戚、友だち、ママ友、ご近所さん。
地域の相談窓口という手もあります。
親身になって相談にのってくれるところが多いようですよ。


SNSで弱音を吐いたら、友だちの友だちが助けてくれた
…という場面もよく見かけます。
離婚時の状況にもよりますが、元夫に助けてもらえることもあるでしょう。





google Sponsored Link2


目指せ、「いいかげん」。


少し私の話をさせてくださいね。


私は、離婚する前に、自分自身への約束事を決めていました。


それが良かったのか、その後の生活は順調にいったほうだと思います。


その約束事とは、
「子どもの前で父親を悪く言わない」
「離婚したことで、子どもに『私はかわいそうな子なんだ』
と思わせるようなことはしない」。


このふたつは、私の両親にもお願いしました。


また、なるべく子どもと接する時間を持つようにしてきましたし、
父親には月1回のペースで子どもに会わせました。


元夫は夫ではなくなったけれど、永遠に子どもの父親。
月1回と言わず、
子どもが会いたいと言えば会わせることにしています。


最低限、これだけは守ろう!ということを決めたら、
あとは意識的に「いい加減になろう」としました。


それまで私は、まじめで内気で繊細だと言われてきたのですが、
いつしか適当で図太く(良い意味でですよ♪)なっていました。
そうでなければ、今ごろ私は、壊れてしまっていたかもしれません。





さいごに

私たちは、離婚が珍しいことではない時代に生まれてきました。


お父さんと一緒に住んでいなくても、
お母さんが堂々としていれば良いのです。


とはいえ、ふと
「こんなとき、お父さんがいてくれたらな…」
と心細くなることはありますよね(私はあります)。


そんなときは、周りの人に助けを求めましょう。


甘えるのが苦手ですか?
じゃあ、後でお返しをするつもりで、
お願いしてみるのはいかがですか?


恩返しでも、恩送りでもいいのです。


何もかも一人で背負い込んで眉間にしわを寄せるより、
頼りなくても笑顔のお母さんのほうが、
子どもにとってはきっとうれしいことですよ♪





編地ゆうこより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link