赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種はいつから可能!?

Sponsored Link

秋になると、もうそろそろ、ウイルス性の病気が
出てきてもおかしくないと感じませんか?

google Sponsored Link1



また、支援センターなど、周りで病気になった話を聞くと、
「うちも気をつけないと・・・」
となりますよね。



生後2ヵ月からの予防接種ラッシュが始まり、
任意接種・定期接種と、やっと一息つけたと思ったら、
今度は季節的なインフルエンザワクチンの予防接種まで!
日々の子育てに追われて、うっかり忘れそうになりますよね。



ところで、赤ちゃんの予防接種は何ヵ月から始められるの?
と、少し疑問に思ったあなたのために、
初めてのインフルエンザワクチンの予防接種が、
いつから受けられるのかについてお伝えします。



【インフルエンザの予防接種 開始時期】



インフルエンザワクチンの予防接種は、
生後6ヵ月から受ける事ができます。



生後2ヵ月からの多くの予防接種をこなした
あなたはもうご存知かと思いますが、
予防接種の年齢の数え方は、生まれた日の前日から数えますので、
早く打ちたかったり、都合が良ければ
6ヵ月になる前の日に、接種する事ができますよ♪



インフルエンザワクチンの予防接種は、
病院によって予約が必要なところ、予約不要ですぐに打てるところ、
同じ町内でも、金額が大きく違ったりするので、
事前に調べておきましょう。



【予防接種を受ける前に】



まず、この点に該当していないか確認しましょう。

・1ヶ月以内に身近な範囲で麻疹・風疹・水痘・
おたふくかぜなどの人がいないか

・2週間以内に熱を出していないか

・手術をする予定がないか


下の子で経験しましたが、上の子が病気で発熱し、
下の子はまだ移っていないことって、よくありますよね。



そんな時は、これから移る可能性があるので、
私の通う病院では、2週間様子を見てから、
予約取り直しとなります。
大丈夫と思って病院に行く前に、
一度電話で確認してみてください。



2週間以内に、熱が出ているとなぜダメかというと、
体内にしっかりとした抗体が残らないから
なのだそうです。
せっかく高い支払いをしているのに、
効果が薄いと残念ですからね。



手術を受けるまで、どのくらい間隔が開けば良いのかは、
平均では2週間や4週間ですが、
病院や接種するモノによって変わってくるので、
手術を受ける病院に確認してください。



google Sponsored Link2


【アレルギーが心配・・・】



このインフルエンザワクチンは、鶏卵の一部が使用されています。
そのため、卵にアレルギーがある子は注意しなければいけません。
でも、離乳食が開始したばかり・・・。
卵を与えるのはまだまだ先だし、アレルギーがあるかなんて
分かりませんよね。



そのため、初めて予防接種する場合は、
接種後30分経っても診療時間に納まるよう、
余裕を持って早めの時間に受診しましょうね。


【最後に】


いかがでしたか?
上の子は卵アレルギーがあり、腎臓が肥大する
水腎症もあったので、初回の予防接種は
接種後1時間病院で待機していた記憶があります。



下の子は、インフルエンザの予防接種ではありませんが、
接種直後にミミズ腫れのようなぼうりゅう疹が出たので、
予防接種の前日にも受診して、予防の意味でシロップを
処方してもらうことになっています。



念のために、受診時間には余裕を持ち、
その後出かける予定があれば、詰め込まない様に
しましょうね。

人より

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link