赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんはインフルエンザにいつからかかる?

Sponsored Link

今年もこの時期がやってきましたね。
そう、インフルエンザの流行の時期です。

google Sponsored Link1



テレビのニュースでは今年の
インフルエンザの流行は例年より
早いと言っていましたね。


赤ちゃんがいるママは
さぞかし心配のことと思います。


でも赤ちゃんていつからインフルエンザに
かかるものなのでしょうか・・?


今回は赤ちゃんとインフルエンザに
ついてお話したいと思います。



【赤ちゃんはいつからインフルエンザにかかる?】



ずばり、新生児のときからインフルエンザに
かかることがあります!


よく母親の免役をもらうから生後半年までは
病気にならない、なんて聞きますよね?


でもそれは、あくまでママが
持っている免役だけなのです。


当然ママが持っていない免役は赤ちゃんも
持っていないので、病気にかかることはありますし、
インフルエンザも同じです。


突然の高熱、母乳やミルクの飲みが悪くなり、
ぐったりしている様子が見られたら、
インフルエンザの可能性も考えられます。


そんなときはすぐに病院に
連れていってくださいね。

google Sponsored Link2




【赤ちゃんのためにできること】



赤ちゃんは生後6か月からインフルエンザの
予防接種を受けることができます。


しかし生後6か月を過ぎても、
1歳未満の赤ちゃんへのワクチンの効果は証明されていないため、
病院によっては1歳未満の赤ちゃんへの
インフルエンザワクチンの接種はおすすめしないところもあります。


赤ちゃんが集団生活をしていないのなら
予防接種を受けるよりも、
まずは家族がインフルエンザに
かからないようにすることが大切だと思います。


家族がきちんと予防接種を受け
基本的な手洗い、うがいを徹底しましょう。


そして赤ちゃんのためにできることが
もう1つあります。


それは妊娠中にインフルエンザの
予防接種を受けることです。


妊娠末期にワクチンを接種すると胎児に
抗体が移行して、生まれた赤ちゃんが
インフルエンザにかかりにくくなる、
という報告もあります。


私も1人目の妊娠中に病院からすすめられて
インフルエンザの予防接種を受けました。


幸い、私も赤ちゃんもインフルエンザにはかかりませんでした。


もちろん予防接種を受けても
かかってしまうこともありますが、
重症化を防ぐ意味でも、
やはり受けておいた方がいいのではないでしょうか。



【さいごに】



予防接種も大切ですが、
やはり何度も言うように
まずは家族がインフルエンザに
かからないようにすることが一番大切だと思います。


そしてインフルエンザが流行しているときは、
なるべく赤ちゃんを人ごみに連れていかないなど、
できることからしましょうね!








しろぷーちゃんより

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link