赤ちゃん幼児子育て.com

幼児のインフルエンザ!どんな症状がある!?

Sponsored Link

毎年冬になると各地でインフルエンザが流行、
というニュースを耳にしますよね。

google Sponsored Link1



大人でも辛いインフルエンザ。
子どもが罹ったら
どんな症状が出るのでしょう。


そこで、一般的な症状と
我が子が罹った時の様子を
紹介してみたいと思います。



・インフルエンザと風邪との違いは?



一般的に風邪と診断されるときは、
数日前から咳・くしゃみ・鼻水などの
症状が出ていることが多いです。


必ずしも熱が出るわけではなく、
熱が出ても元気があるなど
比較的軽症なことが多いように思います。


また、季節を問わず1年中散発的に
感染の可能性があるというのも特徴です。


それでは、インフルエンザはどうでしょう。


多くは急な発熱、
しかも高熱で発症します。


咳・くしゃみは発熱より
やや遅れて出ることが多いようです。


関節痛があり、全身の倦怠感や頭痛、
吐き気や下痢といった症状が出る人もいます。


多くは冬季に流行し、
新年度を迎える頃に終息していきます。


熱が下がって2日間かつ発症から5日間経過するまで
感染力があるとされています。


この間は、出席停止になるため、
登園も出来ず、登園の際には
医師の許可書が必要になります。

google Sponsored Link2




・インフルエンザの症状~我が家の場合~



我が家には3回、
インフルエンザがやってきました。


1度目は2009年2月。
長男が年中・長女が2歳のときでした。
A型に感染し、長男から長女に移りました。


その日、長男は普通に登園。
少し咳・鼻水が出ていたので、降園後に受診しました。


この時はまだ熱の上がり始め。
病院では抗生剤が処方されました。


その頃までは元気だったのに、
帰宅後から急にグッタリ。


夜中には高熱になり、
翌朝受診し、インフルエンザと診断。


診断されてから長女とは別室に。
しかし、時すでに遅し。


長女も翌朝には発熱・咳・鼻水が。
受診し、インフルエンザの診断が出ました。


この時の症状は、急な発熱・咳・鼻水。
怠そうにしていたのは1晩ほどで、
タミフルの副作用もなく回復。


ただ、長男は気管支炎を併発してしまったようで、
微熱が続き、完治まで1週間ほどかかりました。


2度目は2010年2月。
長男が年長・長女が年少・二男が10か月のときで、
新型インフルエンザが騒がれた年でした。


この時は長男のみが感染。
おそらく新型に感染との診断でした。


この時も夜中から急な発熱。
発熱から半日経過した頃から急にグッタリし、嘔吐も。


最高では40℃まで上がり、
熱が下がったのは3日目。
その頃になってようやく元気復活となりました。


3度目は2014年2月。
長男が小4・長女が小2・二男が年中・三男が2歳。
二男以外がB型に感染しました。


まずは長女の急な発熱。
この時は発熱し始めからグッタリ、
自力での歩行もやっとという状態。


食欲もなく、丸1日腹痛を伴い下痢。
それが過ぎると食欲も戻り、
動く元気が出てきたという状況でした。


長女発熱の翌日、長男が発熱。
頭痛・関節痛が酷く、
こちらも自力で動くことが困難なほど。


2人とも乾いた咳を熱が出る
半日ほど前よりしていました。


そして、三男は長女発症から3日目に発熱。
意識して検温していたので、
微熱の段階で気付きました。


咳やくしゃみは少なく、
グッタリ感もなかったのですが、
夕方には40℃に達しグッタリ。


夜中にも何度か目を覚まし、
フラフラ歩き部屋から出てきたのち、
蹲って泣きじゃくるという状況でした。


3人は同室で過ごし、
熱のピークを越えた後は
食欲も・元気も復活してきました。


しかし、A型の時と違い、
なかなか平熱が維持されず、
完治の診断が出るまでに10日近く要しました。


この時、二男も発熱しましたが、
2日間にわたり2度検査しても陰性。


二男は最高でも38℃程度でしたし、
翌朝には解熱。
グッタリ度も明らかに違いました。



・さいごに



いかがでしたでしょうか。


子どもたちは毎年インフルエンザの
予防接種を受けていますが、
感染初期は高熱に見舞われました。


同じ型に感染していた子でも、
短期間で解熱し、最短の出席停止日数で
登園しているケースもありました。


予防接種を受けていなくても、
感染しない子や軽症の子もいます。


インフルエンザの典型症状は
先ほど紹介していたものですが、
経過は人それぞれ。


兄弟ですら違うので、
その子の基礎体力や抵抗力に
よるのではないかと思います。


流行期、外出を避けたとしても、
お仕事に出掛けるパパやママが
もらってきてしまうということもあります。


予防接種や手洗い・うがい。
マスクの着用など、
予防に心掛けて流行期を乗り切りましょう。


それでも罹ってしまったら。
ママやパパが移ってしまわないように、
マスク着用で看病してあげてくださいね。


我が家もインフルエンザ予防に
努めたいと思います!






4児のママより

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link