赤ちゃん幼児子育て.com

幼児のインフルエンザ予防接種の間隔は?

Sponsored Link

インフルエンザワクチンの予防接種は、
大人は1回で済むのに、子供は2回打たなければ
いけない事は知っていますか?

google Sponsored Link1



そういえば、前回予防接種をしてから
何週間くらい間を開けたらいいのか、
色々な接種の間隔があって、訳が分からなく
なっているかたもいらっしゃるかもしれませんね。



ここでは、インフルエンザが流行する時期と、
インフルエンザワクチンの予防接種の間隔について
お話したいと思います。



【インフルエンザ予防接種の時期】



高齢者のインフルエンザワクチンの予防接種が
開始されると、子供や私たち大人がいつから
始まるか、そわそわしませんか?



毎年ある程度の誤差はありますが、
だいたい10月上旬から12月下旬
又は、10月中旬から1月中旬が、
予防接種を受けられる期間になります。


病院によって料金も違ってきますので、
確認した方が良いですよ♪



インフルエンザが流行する時期は、
毎年だいたい11月から12月頃に、インフルエンザに
罹る方がだんだん増えていきます。
流行のピークになるのは1月から3月が中心となります。



身体に抗体ができ始めるのは、だいたい1週間から2週間程です。
そして、3ヶ月から4ヶ月くらいで、
徐々に抗体が低下していきます。



早めに予防接種しておくと、3月になって流行が下火に
なってきているにも関わらず、予防接種の効果が薄れてきて、
罹ってしまうという事は良く聞きますよね。



早くに接種したから、身近で流行があっても
移っても軽く済んだり、移らないという事もあるので
なんとも言えませんが、接種する良い時期というのは
11月上旬に1回目を打ち、11月中旬から12月上旬くらいまでに
2回目を接種すると、ピーク時期を乗り切れると言われています。



【赤ちゃんに接種して効果があるの?】



残念ながら、生後6ヵ月以上で接種可能な
インフルエンザワクチンの予防接種ですが、
1歳未満の乳児に対しての、ワクチン接種の効果は
証明されていないのが現状なんです。



他の予防接種でも言える事ですが、
せめて感染しても、症状が酷くなりませんように・・・。
という理由から接種しますよね。


でも、実際感染して予防接種をしなかった子と
症状の程度が変わらないということも無くないですよね。



子供に2回インフルエンザワクチンの予防接種をするのは、
免疫力を『ブースト効果』によって何倍にも高める事を
期待しているからです。



google Sponsored Link2


【2回目の予防接種は、どのくらい間隔を開けるの?】


1回目のインフルエンザワクチンを接種してから、
3週間開ける必要があります。


例えば、11月5日(水)に1回目を接種したとすると、
3週間後の11月26日(水)以降が、
2回目を接種できる日となります。



2回目を接種してから1ヶ月後くらいが、
最もインフルエンザに対して予防効果が高くなる
のだそうですよ。

【さいごに】

いかがでしたか?
1回接種したからいいや!と、2回目受けないという事は
せずに、きちんと13歳未満の子供には、
2回接種をしてあげてくださいね。



冬はウィルス性の病気が流行りますから、
うがい・手洗いなどの基本的な予防はしっかりとしつつ、
楽しく子供と遊びましょうね♪

人より

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link