赤ちゃん幼児子育て.com

幼児がインフルエンザで副反応が出ることがある!?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

冬の初めからインフルエンザの予防接種を
受ける家庭は多いと思います。
インフルエンザの予防接種の副反応に
ついて今回はご紹介します。



Sponsored Link1

【インフルエンザの副反応ってあるの?】



大人であっても、子供であっても、
インフルエンザの予防接種を受けた時に
副反応がでることがあります。


6歳と3歳の息子がいる我が家でも、
毎年冬になるとインフルエンザの予防接種を
家族で受けるのですが、
3歳の次男とママである私が何度も、
インフルエンザの副反応に悩まされています。


我が家の次男の場合は、
「軽いインフルエンザの症状がでる」のです。


インフルエンザの菌を体内に入れて、
抗体を作り、インフルエンザをかかりにくくしたり、
重症化するのを防ぐのが予防接種の役割ですので、
実際にインフルエンザのような症状がでても
仕方がありません。


1歳の時の予防接種では予防接種を打った腕が
赤くポンポンに腫れあがり熱を持ち、
微熱が上がり、ぐったりとなりました。


2歳の時の予防接種も同じ、腕の腫れと
微熱が3日続きました。
食欲もなく、元気もありません。
小児科に相談しましたが、インフルエンザの
副反応だから大丈夫とのことです。



大人であっても副反応はおこります。
私も、毎回といっていいほど、
インフルエンザんの予防接種を受けると、
吐き気そして翌日の微熱に悩まされます。


しかし抗体ができているのか、
昨年家族がインフルエンザA型にかかった時、
私は軽い咳で終わりました。



【副反応を理解した上で受けましょう】



インフルエンザの予防接種を受けても、
インフルエンザにかかることはもちろんあります。


しかし、重症化を防いでくれる役割があるなら
摂取しておいても良いのではないかと、
我が家では考え毎年受けています。


実際長男は昨年のインフルエンザ。
微熱しか上がらず元気いっぱいで、
気が付かず、知らぬ間にパパと弟に感染しました。


幼児や乳児の場合は、副反応がでたら、
小児科に相談しましょう。
副反応かどうか?を診察してくれます。
そして、次回からの摂取時に、
前回副反応がでたことを伝えましょう。



実際、副反応が急にでたらいけないからと、
次男も私も、摂取後30分~1時間病院で
様子をみてもらってから帰宅しました。




Sponsored Link2

【さいごに】



かかるかどうかわからないインフルエンザ。
なのに、副反応がでる予防接種受けなくても
いいんじゃないの?
かかってから治療してもいいんじゃない?と
思うパパやママもいるでしょう。


それも考え方の1つです。
実際、予防接種を受けたら100%かからないという
わけではありませんので。



家族で相談した上で、副反応を理解した上で
摂取しましょう。


我が家はどうするか?
インフルエンザに感染したときの症状は
軽かったので、今年も摂取を検討しています。

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP