赤ちゃん幼児子育て.com

乳児のインフルエンザ予防!兄弟がかかったら?

Sponsored Link

今年もインフルエンザが流行中。
妊婦さんや赤ちゃんのいるご家庭では、気になる季節となってきました。

google Sponsored Link1



予防接種を受けたからといって
100%罹らないかというと
そういうわけでもありません。


兄弟が集団生活をしている場合、
感染の可能性はその分高くなります。


それでは、もし兄弟が感染してしまったら、
乳児のいるご家庭ではどのように対策したらよいのか
我が家のケースを交えながら
紹介してみたいと思います。



・インフルエンザ、感染~発症まで



インフルエンザの潜伏期間は一般的に
1~3日程度と言われており、
この間にも感染力自体はあるとされています。


「仲良しの〇〇ちゃんがインフルエンザらしい」
そんな話を耳にする頃、
気が付けば我が子もという程度の潜伏期間
とイメージしてみてください。


では、実際に兄弟が発症してしまったら、
どうしたらよいのでしょうか。



・可能な限り接触を避ける



部屋の数が十分にあるなどの環境であれば、
兄弟で別室にし、接触を避けることが一番です。


でも、体調の悪い子を1人にするのも
乳児を1人にするのも心配ですよね。


大人が2人いればそれぞれ対応できますが、
そう都合よくもいかないでしょう。


そんな時、同室はやむを得ないとして、
抱っこや一緒に遊ぶなどの接触を控えます。


飛沫感染もありますから、食事も別々に。
何でも口にしてしまうような赤ちゃん。
おもちゃの共用もこの時だけは避けた方が無難です。


乳児にマスクを着けさせることは難しいでしょうから
発症している子の方にマスクをさせるようにしましょう。


そして、ウイルスは高温多湿を嫌いますから、
加湿器や濡れタオルなど利用し、
部屋の湿度を高めに保つこともお勧めです。

google Sponsored Link2




・我が家のケースを紹介します



我が家には4人の子どもがいますが、
これまで3度インフルエンザに感染しています。


その中でも、二男が10か月の頃、
年長だった長男が発症した時の体験を紹介します。


長男は夜中の急な発熱で発症しました。
夜中の発熱でしたので、
当然その直前までは兄弟3人一緒に過ごしていました。


元々寝室は私と二男が1階、
主人と上の子2人が2階でしたので、
その時点で二男と長男の別室を徹底。


発症当日は、病院に行く都合もあったので、
同じ区内に住む私の実家にヘルプ要請。
マスク着用の上、長男のお世話をお願いしました。


そして長男には2階で過ごすようにしました。


翌日以降症状が落ち着いてきてからは、
長女が幼稚園に行っている間は、
二男と共に1階で過ごし、
降園後は長男の様子をメインにみる。


この間はなるべく早めに帰宅してくれるよう
パパにも協力要請。
帰宅~翌朝の出勤まで長男担当にあたってもらいました。


発症していない子たちは、
この間2階への立ち入りを制限。


通院等で長男が1階に移動する際は、
マスク着用を徹底していました。


そして、看病にあたっている私と夫も
マスク着用を徹底。


建物構造上、2階から降りてきたら
すぐ手洗いが可能だったので、
手洗い・うがいをしてから立ち入るように心がけました。


2月末とかなり寒い時期でしたが、
こまめな換気と保湿にも注意しました。


こうして他の家族は発症することはなく、
長男も完治し、登園再開。
普段通りの生活に戻りました。



・さいごに



いかがでしたでしょうか。


家族は濃厚接触者になるため、
より感染の可能性が高くなるのは
仕方がないことだと思います。


我が家の場合、たまたま環境的に
このような対応ができましたが、
出来ない場合の方が多いと思います。


それでも、予防法を知っておけば
感染を防げる可能性も高くなるのです。


普段からの手洗い・うがいはもちろんですが、
流行期や感染者がいるときは
普段以上に徹底するようにしましょう。


まだうがいの出来ない赤ちゃんは、
濡れたガーゼなどで
口の周りを拭いてあげるだけでも大丈夫です。


そして、バランスの良い食事と
規則正しい生活。
こうしたことで病気に負けない体作りを心がけましょう。


これは、インフルエンザに限らず
どんな病気にも言える事ですから、
無理のない範囲で試してみてくださいね。



<追記>
インフルエンザなど、あらゆるウイルスに対して、
安全、簡単に除菌ができるスプレーが出てきました。
モノや空間にスプレーするだけで、安全に関しても第三者機関が
評価したものです。

かなりオススメで、
記事にしましたので、ぜひ読んで頂けたらと思います。


チャーミストはこちら


 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link