赤ちゃん幼児子育て.com

乳児のインフルエンザ!ワクチンを打つべき?

Sponsored Link

生まれたばかりの赤ちゃんは、
無菌状態ですよね。

google Sponsored Link1



お腹にいた時の、
ママからの免疫力しかありません。


こんなに小さな体で、
もしインフルエンザになったら・・・
と心配するのは当然です。


インフルエンザにかからないように、
そして、かかっても軽く済むように、
ワクチンを受けた方が・・・と思いますよね。


でもまだこんな小さいのに、
インフルエンザワクチンは受けてもいいの?
受けた方がいいの?


今回は乳児がインフルエンザワクチンを
受けるべきなのかどうかについて、
お話したいと思います。



【受けても・・・?】



そもそも、インフルエンザワクチンは
生後6カ月過ぎなければ
受ける事が出来ません。


しかも、小児科によっては、
1歳までは受けなくても良いと
言われる事もあるそうです。


というのは、1歳未満では、
ワクチンが微量過ぎて、
あまり効果を得られないようです。


実際に1歳未満のワクチンの効果は、
まだ実証されていないようです。


乳児が受けても効果が分からないというのであれば、
まずは、周りの大人がインフルエンザに
かからないように注意するのが一番です。


まずは、お父さんお母さんが
インフルエンザの予防接種を受ける事が、
何よりも大切なんです。


そして1歳を過ぎれば、
外出する機会も増えるので、
当然、ワクチンを受けた方がいいですよね。


ただ、生後6カ月過ぎてからでも
保育園に行っているのであれば、
例え、気休めと言われても、
受けるに越した事はありません。

google Sponsored Link2



【娘の場合】



やはり、一人目であり、
しかも私は、人一倍の心配症なんです。


インフルエンザの怖さを知り、
生後6ヶ月過ぎて、ワクチンを受けました。


ワクチンを受けたからと言って、
インフルエンザに、かかるかも知れません。


でも、ワクチンを受ければ、
インフルエンザにかかったとしても
重症化しない、と聞けば、
受けずにはいられませんでした。


生後6カ月を過ぎてから、
インフルエンザ流行前に受けました。


それからは、当たり前のように毎年受けています。


そして、現在6歳になるまで
今のところ、インフルエンザにはかかっていません。


毎年、インフルエンザワクチンを受けても、
毎年、必ずインフルエンザにかかる、
というお友達も何人か聞きます。


それでも、やはりインフルエンザワクチンを
受けておけば軽く済むので、安心ですよね。


【最後に・・・】



乳児は生後6カ月を過ぎなければ、
インフルエンザワクチンを
受ける事が出来ません。


生後6カ月過ぎて、
ワクチンの効果はさておき、
やはり、ママがそれで安心するのであれば、
受けておくに越した事はありません。


保育園に行っているのであれば、
なおさらです。
受けた方が良いと思います。


後から、受けておけば良かった・・・と
ならないように、
受けておけば安心ですよね。


これも一つのおまじないかもしれませんが・・・
それでも赤ちゃんといつも一緒にいるママの気持ちが
何よりも一番大切だと思います。






 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link