赤ちゃん幼児子育て.com

イヤイヤ期の対応!食事はどうする?

Sponsored Link

ある日突然始まるイヤイヤ期。
子供が成長していく大事な過程ではありますが、

google Sponsored Link1

お着替えもイヤ!おうちに帰るのイヤ!お片づけイヤ!!!
とにかくイヤ!の連発で、気が滅入ることばかりですよね。


今日は、その中でも特に対応に困ってしまう食事について、
我が子の場合、どう乗り切ったかをお伝えしたいと思います。



【大好きなお友達は・・・】

我が子に一番効き目があったのが、
大好きなアンパンマンの登場です。


ご飯の時間、歩き回ったり、食べ物を投げたり・・・
イヤイヤを始めたら、
我が子のお友達、アンパンマンの登場です。


アンパンマンにご飯を食べさせるフリをします。
「わーごはん、おいしいねぇ~!
 アンパンマンはおりこうさんに座って食べているよ。
ご飯をいっぱい食べたから元気なんだね」
多少オーバーにアンパンマンに話しかけてみます。


すると、大好きなお友達も食べているから自分も!
と思うのか、
「○○も食べる!」
と言って、食べてくれることが多かったです。





【褒めちぎる】

子供に食べることの楽しみと自信をつけさせるため、
また、食べてくれない・・・という私自身のストレスも減らすため、
お皿に盛る量は少量にしました。


ご飯もおかずも普段の半分。
イヤイヤせず完食できたら褒めちぎります!
「○○ちゃん偉いね~!全部食べられたね!おりこうさんだね!」
「ちゃんと座ってご飯食べられたね!」
「えらいえらい!」


子供はママの喜んでいる顔が大好き!
褒められるとたくさん食べるようになりました。


google Sponsored Link2

【見た目大事!】

食事は見た目も大事。
盛りつけもちょっと工夫してみるといいかと思います。


我が子は野菜が大の苦手!
野菜を見ると途端に食べなくなりました。


なので、フードプロセッサーでほうれん草をペースト状にし、
パンケーキやオムレツ、ハンバーグに混ぜ、
とにかく野菜だとわからないようにしてみました。


意外と子供は単純なもので、
野菜の形がわからないと、パクパク食べてくれるものです。


余裕があったらご飯をキャラものにしてみるのも一つです。
ちょっと大きめなおにぎりを顔に、
小さなおにぎり2個を耳にして並べると、クマさんになります。


お皿を変えてみたり、手づかみで食べられるものを増やしたり、
ちょっとした変化も子供にとっては楽しいもので、
イヤイヤの頻度は減っていきました。



【最後に・・・】

もうすぐ5歳の我が子の現在は、
お腹がすけばなんでも食べるし、
足りない!と怒られることも度々です。


「なんで食べないの!」
と怒ることで、食事=怒られる時間と思い込み、
食事の時間のイヤイヤが増していくので、
ぐっとこらえましょう。


イヤイヤ期はいつか必ず収束します。
子供の成長のほんのひと時、心に余裕を持って、
乗り越えていきましょう!

inekoより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link