赤ちゃん幼児子育て.com

イヤイヤ期はいったいいつまで続く!?

Sponsored Link

イヤイヤが生後6ヶ月から来る子、3歳頃来る子。1歳から就学前まで続く子。
子供によっていつまで続くかかわります。

google Sponsored Link1

今回は、イヤイヤ期はいったいいつまで続くのか?を紹介します。

【・イヤイヤは成長によって弱まります】


イヤイヤ期がきつい!他の子よりイヤイヤが凄い!
そんな悩みを抱えるママは沢山います。


我が家には、4歳と1歳の男の子が居ます。
長男は、自他共に認める、スーパーイヤイヤ期を乗り越えました。
しかし、仲の良いママや親戚は、イヤイヤが凄い!と感じてくれていたのですが、
街中であった子や病院では、「いいこだね~」と言われ続けました。


どうしてか?
お家の中に入ると、人が変わったかのようにイヤイヤ言うのです。
しかし、お話が上手になると、「イヤイヤ」は弱まり、
口答えしたり、理屈をこねるようになります。



イヤイヤ期が終わったら、次は「反抗期」がやってきます。



イヤイヤ期のきつい子ほど、反抗期が弱い。と聞いたことがあります。
イヤイヤ期が大変なら、その後の子育てが楽なんだ!と言い聞かせて、
今を乗り切りましょう。



google Sponsored Link2


【・子供は万年イヤイヤ期】




万年反抗期。
こんな言葉を聞いたことがありますか?



どうしてこう言われるか?
親が、子供を、ずっと「赤ちゃん」として見ているからです。
一人の人間として、人格を認めてあげないから、
親に反抗するのは当たり前です。




子供には子供の考え方、言い分があります。
親の言う事を聞かない=イヤイヤ期・反抗期はおかしいです。



一人の人間として、気持ちを尊重出来るところはしてあげましょう。
そうすれば、イヤイヤ期が少しずつ弱くなりますよ。



ママからすれば、「どうしてできないの?」「どうしてわかってくれないの?」と、
葛藤するでしょう。
そんな時、自分が逆の立場だったらどうか?を考えて見て下さい。



【・さいごに】

ずっと反抗期なの?と気持ちが重くなりましたか?
いつか終わるイヤイヤ期!と考えていたのに!と思った人もいるでしょう。



子供の成長には、親に対する「反抗」は不可欠です。
自分の考えをしっかり持っている証拠
自己主張ができるようになった証拠
と思い、温かく見守れる、寛大な心を、ママも養う機会です。



子育ては、「忍耐」です。
どんなママでも、辛いな、こっちが泣きたいなと思うことがあります。
そんな時は、「なんとかなるさ!」と、コーヒータイムにしたり、
少しの息抜きが必要です。



ママが完璧である必要はありません。
ママが怒ったって、泣いたって、感情をあらわにする時が、
たまにあってもいいのです。
私も、2人の息子がそろって「イヤイヤ」する時は、
「ママも泣きたくなったよ~!」言うと、長男が、え!?と、心配してくれます。
子供に頼る。それも1つの対処法です。

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link