赤ちゃん幼児子育て.com

つわりの症状!げっぷもその一つなの!?

Sponsored Link

つわりと言えば、大抵の人は胃の不快感や
嘔吐を思い浮かべますよね。

google Sponsored Link1


ムカムカして食べ物を受け付けなくなったり、
実際食べたものを吐いてしまったり・・。


これらは妊婦さんに
一番多いつわりの症状です。


そしてつわりにはこれ以外にも、
様々な症状があります。


例えば妊娠初期の頭痛や腹痛、
下痢や便秘などもつわりの一種と言われています。


あと意外と多いのが、
妊娠中げっぷが増えたという妊婦さん。


実は私もその1人です。
げっぷのようなしゃっくりのような症状が
妊娠初期から妊娠後期まで続きました。


特にそのときは気にしなかったのですが
もしかしてこのげっぷは、つわりの症状
だったのでしょうか?


気になったので調べてみました。



【妊娠初期のげっぷ、何で出るの?】



妊娠中げっぷが増えたという妊婦さんは
ほとんどが妊娠初期の頃だそうです。


このげっぷの症状も、吐き気や頭痛と同じ、
つわりの一種と言われています。


何故このようにげっぷが増えてしまうのか?
理由は2つ考えられています。


1つ目は、つわりにより胸やけや唾液が多く
出ることにより、
空気を飲み込んでしまう機会が
増えてしまうためだと言われています。


自分ではなかなか気づきにくいですが、
吐き気を我慢するために無意識に
唾を飲みこんでいたりしますよね。


何気ないことですが、これがげっぷに
つながっているのです。


2つ目の理由としては、
妊娠初期は胃腸の働きが弱っています。


胃に送られた食べ物がなかなか腸に行けずに、
消化不良によって発生したガスが逆流して
げっぷが出てしまうのだそうです。


このときのげっぷって匂いも
結構きつかったりするんですよね・・。


これは食べ物や胃酸が長い時間、
胃の中にとどまってしまうことが原因です。


ただでさえ気持ち悪いのに、
げっぷの匂いまできつかったら、
吐きそうになってしまいますよね。


できればげっぷを少しでも減らしたいですよね。


次はげっぷの対策について
お話をしたいと思います。



【妊娠中のげっぷ対策】

①食べ物はゆっくり、少量ずつ食べよう



 あまり急いでガツガツ食べると、一緒に飲み込む
 空気の量も増えてしまいます。
 食事は少量ずつをゆっくり食べるように心がけましょう。

②消化の良いものを食べよう



 妊娠中は胃腸の働きが弱っているので、ただでさえ
 消化不良を起こしやすい状態です。
 消化の良い食べ物を摂るように心がけましょうね。

③寝る3時間前には食事を済ませよう



 食べてすぐ寝ると消化不良を起こし、げっぷが
 出やすくなります。
 つわり中はきついかもしれませんが、なるべく
 食事後はすぐに横にならないようにしましょうね。

④乳製品を食べよう



 ヨーグルトなどの乳製品は胃腸の調子を整えて
 くれます。
 ぜひ毎日の食事に取り入れて下さいね。

google Sponsored Link2




【私の場合】



私も妊娠初期から後期まで
ずっとげっぷが出ていました。


しかしこれは2人目のときだけで、
1人目のときは全然ありませんでした。


妊娠中げっぷが出るのは、
特に辛いと感じたことはないのですが、
人前で出てしまったときなど、
とても恥ずかしかったです。


その当時は対策方法があるとは
思っていなかったので
とにかく隠すことに必死でした。


顔をそむけたり、口元を抑えたり。


やっぱり女性ですから、いくら妊婦とはいえ
人前でげっぷは嫌ですよね・・。


もちろん、された方はもっと嫌でしょうが・・。



【最後に】



つわりは吐き気に始まり、
嘔吐やげっぷなど
本当に不快なことばかりですよね・・。


何でこんな目に合わなきゃいけないの!!
って叫びたくなるくらい辛いときもあります。


でもつわりは赤ちゃんが
元気に育っている証拠だって
言われますよね。


辛いときはその言葉を思い出し、
頑張って乗り切りましょうね!!







しろぷーちゃんより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link