赤ちゃん幼児子育て.com

つわりの食べ物の好みで性別がわかる?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

妊娠すると、気になるのは性別。
早く知りたいような知りたくないような・・・


それと同時にやってくるつわり。
今まで食べれたものがダメになったり、
その逆があったりしますよね。


つわりの時の食べ物の好みは、
性別に関係あるのでしょうか?


私自身、男の子と女の子を産んだ時では、
つわりの種類、食べ物の好みがまったく逆だったので、
色々と思い出して書いてみたいと思います。




Sponsored Link1

【一般的には・・・】



よくネットや口コミなどで、
つわりがひどいと女の子、
ひどくないと男の子、


お腹が丸く出てくると女の子、
お腹が四角に出てくると男の子、


というのはよく聞きますよね。


食べ物の好みでも、性別がわかるというものがあり、
甘いものが食べたくなると女の子、
しょっぱいものが食べたくなると男の子、
などと言われています。




【女の子の時は・・・】



上の子、女の子の時は、
ものすごい吐きつわりだったため、
ピーク時を過ぎても恐る恐る食事をしていました。


スッキリはしていたものの、
吐くのが怖くなっていた気がします。


そんな中でも記憶に残っているのは、アイスです。
甘いし、さっぱりするし、そこそこ腹持ちもいいし・・・
とにかくアイスばかり食べていた気がします。


記憶をたどると、甘いものが食べたくて仕方なかったです。
チョコやケーキなど、甘いものなら食べられた気がします。


普段から甘いものは好きだったのですが、
より一層好きになった!という感じでした。


そしてやはり、女の子を妊娠していた時の方が、
体重はどんどん増加していきました。






【男の子の時は・・・】



下の子、男の子の時は、
女の子とは全く逆で、吐くことがほとんどありませんでした。


食べつわりだったのですが、
お米をどうしても受け付けない時期があり、
フランスパンばかり食べていました。


また、妊娠する前まで全く食べたくなかった
生野菜や梅干を好んで食べるようになりました。


そして、よく食べていた甘いものは、
ほとんど食べられなくなってしまいました。


食べられても飴何粒か食べて限界・・・でした。


ある意味健康的な食生活をしていたので、
体重の増加は最小限で抑えられました。


上の子と全く違ったので、
もしかしたら男の子が産まれるのかなぁと思っていたら、
本当に男の子で、私自身もびっくりでしたが、
なぜかお医者さんで納得した覚えがあります。




Sponsored Link2

【最後に】



実は、つわりで性別なんて・・・と思っていましたが、
何かしらの関係があるのかなぁと思っています。


これはあくまでも私の例なので、
この通りというわけにはいきませんが、
一つの参考になればいいな、と思います。


妊娠期間は貴重なものです。
すてきな妊婦ライフになりますように・・・

inekoより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP