赤ちゃん幼児子育て.com

つわりの症状!時期は?私の場合!

Sponsored Link

生理が来なくて、妊娠検査薬を試してみると
陽性の判定が・・。
google Sponsored Link1



待ちに待った妊娠だと喜びでいっぱいになりますよね。


いつ病院に行こうかなと考えたり、
男の子、女の子どちらだろうと想像してみたり。
毎日が幸せいっぱいです。


しかし、そんなとき突然つわりがやってきます。


もしかしてこれつわり??
最初はそんな感じです。


妊娠していることに気づいてない場合などは、
ただの体調不良と勘違いしてしまうこともあります。


今回は一般的なつわりの症状とその時期、
そして私のつわりの体験談をお話したいと思いますので
参考にしていただければと思います。



つわりとは?症状にはどんなものがある?



つわりとは妊娠初期に見られる、
体の不快な症状のことを言います。


代表的なものが胃のむかつきや吐き気、嘔吐などの症状です。


そしてこれらの中には「食べつわり」と呼ばれるものと
「吐きつわり」と呼ばれるものがあります。


食べつわりとは空腹になると気持ち悪くなってしまう症状で
すぐにお腹がすいてしまうのも特徴です。


吐きつわりとは1日中吐き気に襲われ、
実際に吐いてしまう症状のことをいいます。


つわりにはこの他にも以下のような症状があります。


○眠気
○頭痛
○下痢や便秘
○唾液過多


つわりは人によって症状のあらわれ方も様々で、
その程度もかなり個人差があります。



つわりの時期は?



早いと妊娠4~5週のときに始まります。
つまり、妊娠が発覚するのとほとんど一緒のタイミングで
もうつわりが始まってしまうということです。


そしていつまで続くかというのは個人差が大きいですが
妊娠16~19週(妊娠5か月)に治まる人が最も多いそうです。


中には妊娠初期から出産までつわりが続いたなんていう
可哀想な人もいます・・。

google Sponsored Link2



私の場合は・・



1人目を妊娠したとき、
つわりの症状を初めて感じたのは
妊娠3週頃でした。


いくら何でも早すぎかと思いましたが、
実際少数ですが私のように、
この時期につわりがある人もいるみたいです。


そのときは、朝から胃がむかむかして気持ち悪く、
それなのに無性に何かを食べたくて仕方がない、
そんな症状でした。


消化不良をおこしている感じでもなかったし、
普段だったら気持ち悪いときは食欲がなくなるはずなのに、
これは何だかおかしいと思ったのを覚えています。


しかしこのときはこの日だけで終わり、
次につわりの症状が出たのは
生理予定日を1週間過ぎた妊娠5週頃でした。


そしてここから長くて辛いつわりの日々が始まったのです・・。


私は食べつわりも吐きつわりもあったので、
常に何かを食べてないと気持ち悪く、
かといって食べたら吐いてしまうというのを繰り返していました。


味の薄いものよりこってりしたものが食べたくなり、
ラーメンなどを好んで食べていました。
(そのあと大抵吐いてしまいましたが・・)


気持ち悪いのを少しでも和らげるために食べ、
でも食べたら食べたで吐いてしまうというのは、
今思い出しても本当に辛かったです。


いつまで耐えればいいのか、
つわりの治まる時期を必死で調べていました(笑)


そして私はこれ以外にも頭痛の症状がありました。
これもこれでまた辛かったです。


頭痛に関しては病院で痛みどめを出してくれますが、
妊婦さんでも使える薬なので、
気休め程度にしか効かないんですよね・・。


もう寝込むしかありませんでした。


しかしこんな辛いつわりも妊娠4か月頃には徐々に治まってきて、
妊娠5か月に入る頃には終わっていました。


そこから出産までつわりの不快な症状は一切出ず、
快適なマタニティライフを過ごすことができました。



さいごに



つわりは本当に辛いものですよね。
いつかは終わるとわかっていても、
辛いことって長く長く感じるのですよね。


でもこんな辛いことも
赤ちゃんという幸せを手にいれるための試練です。
赤ちゃんが元気な証拠だと思って頑張って乗り越えましょうね!



しろぷーちゃんより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link