赤ちゃん幼児子育て.com

つわりは早い人はいつから?私の経験!

この記事は3分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

妊娠すると、ほとんどの人が経験するつわり。
通常、つわりは、妊娠4週目~6週目ごろに
はじまり、

9週目~10週目ごろにピークを迎えるといわれています。



つわりの症状には個人差があり、
妊娠前と変わらず日常生活を送れる人もいれば、
水さえ口にしても吐いてしまい、
入院治療を必要とする人など、さまざまです。



Sponsored Link1

主なつわりの症状




. 吐き気




程度の差こそあれ、ほとんどの妊婦さんが、
経験するといっていい吐き気。



気持ちが悪くて、朝起きられないという人もいれば、
夕方になると、気持ちわるくなるという人もいます。



臭いに敏感になり、ご飯が炊ける匂いがだめな人や、
中には、普段は気にならない、
パートナーの体臭が気になってしまう人もいるようです。



お腹が空くと吐き気をもよおすので、
常に何かを口にしていないとだめな人もいます。



. 食の好みの変化



こちらも、多くの妊婦さんが感じることの一つ。



普段食べられるものが、食べられなくなったり、
逆に、普段それほど食べたいと思わないものが、
無性に食べたくなったりします。



. 眠気とだるさ




どれだけ寝ても眠い、という、傍から見れば、
怠けているように思える症状も、
立派なつわりの一つです。



. 便秘や下痢




妊娠すると、ホルモンの関係で、
便秘になりやすくなります。
また逆に、下痢に近くなる人もいます。



. 唾液過多




唾液の分泌が多くなります。



全く感じない人もいれば、不快であっても、飴などを
なめていれば気にならない人、
気持ち悪くて唾液を吐きださずにはいられない人も。



他にも、頭痛や、精神不安定になるなど、
つわりにはさまざまな症状があります。



壮絶だった、私のつわり



つわりには、いつか終わりが来る、と言われています。



今、このページを見てくださっているみなさんも、
それを期待して見ているのかもしれません。
かつては、私もそうでした。



しかし、それも個人差。



確かにピークは過ぎていきますが、
少数派ではあるものの、
産むまでつわりに苦しむ人もいるのです。


現に、私には6歳と2歳の息子がいますが、
二回とも、産むまでつわりがありました。



長男の時は、6週目の終わりからつわりが
始まりました。
一日十数回にも及ぶ嘔吐です。


3日間くらい、堪えたでしょうか。
ふと、鏡を見たら、左目の白目が真っ赤でした。



吐いた際のいきみで、目の毛細血管が
破れたのです。



水さえも吐いていたので、さすがにヤバイと
病院へ行くと、すぐに入院になりました。
尿から、脱水症状を示すケトン体が出ていました。



入院して点滴治療のもと絶食をしているのに、
吐き気はおさまらず、胃液を吐きすぎて、
しまいには血が混じった胃液を吐いていました。



目の毛細血管が切れたせいで、
内出血がまぶたまで広がり、さらに血まで吐く。
そうこうするうちに、吐きすぎて肋骨を疲労骨折。



まさに地獄絵図です。



妊娠しても、普段と変わりなく生活できる人が、
たくさんいる。
あまりにも不公平で、辛かった。



エコー写真を手に、どれだけ泣いたか、
わかりません。



結局、1か月半の入院生活になりました。



退院後も、毎日のように吐いていましたが、
それでも少しは食事がとれるようになり、
それなりには動けるようになりました。



しかし、初期からあった、唾液過多の症状は
おさまらず、



出産するまで、タオルを口にあてて、
つばを出しながらの移動でした。



長男は普通分娩でしたが、
出産後しばらくして唾液が止まり、



次男は帝王切開でしたが、
次男を取り出して、気がついたら
唾液が出なくなっていました。



長男、次男ともに、辛いばかりの妊婦生活
でしたが、その分、
生まれた時の喜びは、計り知れませんでした。



私ほどひどいつわりを経験する人は、
稀でしょうが、もし今、
辛いつわりに苦しんでいる人がいたら、



「私は、まだましかも……」と、
励み(?)にしてもらえたら、幸いです。


Sponsored Link2

おわりに。




このように、個人差の大きいつわりの症状ですが、
つわりの症状が軽く、
普段と変わりなく生活が送れる人ほど、
無理をしてしまいがちです。



つわりの程度は関係なく、
妊娠・出産は、
医学が進歩した今現在においても、
命がけの、大変なことなのです。



ですから、妊娠中はとにかく無理をせず、
なるべく周囲の人たちに甘えて、
ストレスをためずに過ごしましょう。

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP